Apple Watch Ultra開封レビュー!重さ・大きさは気にならない?過去バンドと互換性あり【ホワイトオーシャンバンド】

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年Appleの新作スマートウォッチ「Apple Watch Ultra」が届いたので、開封&ファーストインプレッションをここに記す。

49mmチタニウムケース「Apple Watch Ultra+ホワイトオーシャンバンド」実機レビュー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

到着

Apple Watch Ultra

Apple Watch UltraとAirPods Pro(第2世代)が同時に到着。予約段階では発売日翌日の24日配送となっていたが、無事23日にゲットできた。

AirPods Pro(第2世代)については、別記事でレビューする。

いつもと違う箱

Apple Watch Ultra 箱

従来のように縦長ではなく、幅のある箱になった。質感も再生紙のようなザラザラした感じに。

Apple Watch Ultra 箱

購入したのは、49mmチタニウムケース「Apple Watch Ultra+ホワイトオーシャンバンド」。

開封

Apple Watch Ultra 箱

内側には海が印刷されているようだ。

Apple Watch Ultra 箱

”ダイビング用”を全面に押し出したパッケージ。

Apple Watch Ultra 箱

本体一式とバンド、説明書類が同梱されている。

Apple Watch Ultra 箱

ガイドブックもなんだか豪華。

箱の中の箱

Apple Watch Ultra 箱

箱の中の箱を開けていく。

Apple Watch Ultra 箱

開封!

Apple Watch Ultra 箱

本体と充電用ケーブルが付属している。

”Designed by Apple in California”の文字とともに記されているのは、Apple本社の座標だろうか。

Apple Watch Ultra 充電ケーブル

ケーブルは編み込み付きの特別仕様。なんだかワクワクするね。

スポンサーリンク

外観・デザイン

さて、ケースのデザインや質感をチェックしよう。

Apple Watch Ultra

チタニウムの鈍い輝きが美しい。個人的には、高級感よりも先に”かっこよさ”を感じた。

ゴツゴツとしたデザインがタフネスさを醸し出している。

Apple Watch Ultra

背面には「WATCH ULTRA」の刻印。強そう。

Apple Watch Ultra

ネジの感じとか、、とても好き。

Apple Watch Ultra

側面には、電源ボタンとデジタルクラウンがある。グローブをした状態でも操作しやすいように改良されているんだとか。

押し心地は、以前と比べてしっかりめ。

Apple Watch Ultra

反対側には、本機の特徴である”アクションボタン”が配置されている。ワークアウトやストップウォッチ、フラッシュライトなどを割り当て可能。

Apple Watch Ultra アクションボタン

Siriショートカット(旧:Workflow)も設定できるので、工夫次第で色々なことができそうだ。

ホワイトオーシャンバンド

新しい「オーシャンバンド」についても見ていこう。

ホワイトオーシャンバンド

上下それぞれのバンド部分と、固定用金具の計3パーツで構成されている。

ホワイトオーシャンバンド

装着してみた。緩めにバンドを付けると、ケースの重みでズレてくるため、注意が必要。

ホワイトオーシャンバンド

想像よりは野暮ったい感じがない。装着はやや大変だが、激しく動いても外れる心配はなさそう。あくまでダイビングなどのハードなスポーツ向けといったところ。

なお、Apple Watch 初代~Series 8の41/44/45mm用バンドとも互換性がある。

ファーストインプレッション

iPhoneとペアリングする。古いWatchからのデータ移行も非常に簡単。画面上のウィザードに従っていれば、文字盤やアプリまで元通りになる。

重さ・大きさは気にならない?

Apple Watch Ultra
重量は実測61グラム、オーシャンバンド込みで96グラム

第一印象は「やはり重い」。慣れによる部分が大きいかもしれないが、重みは感じる。

ただし、一度腕に装着してしまえばそれほど気にならず、不快感はない

Apple Watch Ultra

約3年間愛用していた、44mm「Apple Watch Series 5」と比較。大きさに関しては丁度良いのではないだろうか。

Apple Watch Ultra 厚み

厚みは増しているが、違和感はない。

数時間使っただけだが「”重さ・大きさ”でUltraを敬遠するのはもったいない」と感じた。バッテリー持ちや画面の見やすさというメリットの方が大きいと思う。

なにより、内なる所有欲を満たしてくれる、これだけで十分に価値ある一品だ。

スポンサーリンク

まとめ

Apple Watch Ultra

本記事では「Apple Watch Ultra+ホワイトオーシャンバンド」を開封した。

先日の「iPhone 14 Pro」に続く2022年秋のApple新製品祭り。次は、AirPods Proだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました