海外家電を日本で使う!変圧器(アップトランス)で100V→220Vに変換

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外から輸入した家電を使う際に問題となるが、電圧の違い。

ご存知のとおり、国内一般家庭用の電圧は100Vが主流だ。一方で、ユーロ圏を中心とした諸外国は220V~240Vを採用している地域も多く、電圧の変換が必要となる。

そこで登場するのが、変圧器(アップトランス)だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昇圧・降圧両対応「DT-500VA」

今回購入したのが、最大500Wのポータブル型変圧器「DT-500VA」。

アップトランス/ダウントランス兼用、つまり昇圧と降圧に両対応する。「海外家電を日本で使う」だけでなく、「日本の家電を海外で使う」こともできる。

外観

外観は、大きめのボックスというイメージ。

ポータブルとは言っても2kg以上あるので、持ち運びは厳しい。

iPhone 14 Proと比較するとこんな感じ。結構邪魔かも。

220V出力側はマルチプラグで、世界中のあらゆる形状に対応可能だ。

スポンサーリンク

使い方

日本国内で使う場合は、本体裏側のスイッチを「110V」に合わせる。

  1. 本体と壁のコンセントを付属のケーブルで接続
  2. 機器を接続
  3. 電源オン

使い方は至って簡単。説明するまでもない。

動作音はとても静かで、気にならない。

なぜ購入?

筆者が変圧器を購入した理由を書いて、本記事を締めよう。

「120W MAX」の表記が出ている

「海外スマホの急速充電を試したい」

それが本製品を購入した理由だ。

画像のスマホは、中国で販売されている「Mi 10 Ultra」という機種。120Wの急速充電に対応し、わずか20分程度で充電が完了する。

しかしながら、それはあくまでACアダプタに200V~240Vで入力した場合の話。日本のような100V地域では最大67Wに制限される。

でも、やっぱり真の力を発揮できないのは悔しい!ということで、わざわざ変圧器を用意したわけだ。

PC人間
PC人間

今度届く「iQOO 11 Pro」は200Wなので、楽しみです。

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトをシェアしませんか?
↓PC人間(@pcningen)をフォロー↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC人間

コメント

タイトルとURLをコピーしました