【スキン配布】AIDA64の使い方を徹底解説!日本語化からパネル設定まで

AIDA64 使い方Windows
スポンサーリンク

デザイン性の高いセンサーモニターを作れるソフト『AIDA64』。高機能だが独特の設定しづらさがあり難解だ。本記事では、使い方「センサーパネル」の作り方を徹底解説する。

<AIDA64関連>

  1. センサーモニターの設置方法
  2. AIDA64を安く買う方法と代用ソフト
  3. AIDA64の使い方を徹底解説(この記事)
スポンサーリンク

やりたいこと

自作PCのケース内ディスプレイで、CPU温度等の情報をモニタリングしたい。

自作PC センサーモニター

完成図はこんな感じだ。

ダウンロード先

「AIDA64 Extreme」を導入する。以下のリンクからダウンロードできる。

本ソフトは有料だが、30日間の試用期間がある。一部数値は非表示となるが、確認してから購入しよう。

なお、ライセンスは3年で1万円以上と高額。安く買う方法は以下の記事に掲載している。

スポンサーリンク

日本語化

AIDA64は日本語に対応している。英語表記になっている場合は、変更しておく。

AIDA64 設定

左上のメニューから設定を開ける。

AIDA64 日本語化

アルファベット順で言語が並んでいるので、「Japanese」を選択する。

センサーパネルの有効化

日本語化と同様の手順で設定画面を開き、「SensorPanel」に移動。

Show SensorPanel
  • Show SensorPanel … センサーパネルを表示
  • Keep SensorPanel the topmost window … 常に前面に表示
  • Prevent SensorPanel from being minimized … 最小化の防止
  • Lock panel position … パネル位置の固定
  • Lock panel size … 大きさの固定
  • Enable context menu … 右クリックメニューの有効化

サブモニターで使用する場合は、全てオンで良い。

「Show SensorPanel」にチェックを入れると、画像のようなパネルが表示される。

SensorPanel

このままでは味気ないので、カスタマイズを行う。

スポンサーリンク

センサーパネルのカスタマイズ

大きさの設定

はじめに、パネルの大きさを決めておく。

SensorPanel設定

サブモニターに合わせ800×480にした。背景色と透明度はお好みで。

なお、使用するモニターは以下の製品だ。

パネルマネージャーの使い方

表示内容の変更は「SensorPanel Maneger」で行う。

SensorPanel Maneger

センサーパネルを右クリックし「SensorPanel Maneger」をクリック。右クリックが効かない場合は、設定に戻り、Enable context menuにチェックを入れる。

AIDA64 SensorPanel Maneger

画面上の各項目はざっくり以下のとおりだ。

  • Export … 設定の保存
  • Import … 設定の読み込み
  • 各要素の移動
  • 新規 … 新しい要素の追加
  • 修正 … 既存の要素の変更
  • 消去 … 既存要素の削除
  • Hide … 要素の一時非表示
  • Duplicate … 複製
  • 上/下に移動 … 表示順(重なり)の変更

若干英語が残るのが気になる…

スポンサーリンク

グラフを出してみる

実際に、CPU使用率のグラフを出してみる。

新規

「新規」を選択すると、以下のようなウィンドウが出現する。

グラフ設定

上部のボックスで表示させたいデータを選ぶ。温度をはじめ各パーツの使用割合、消費電力等の値が取得可能。

  • Item type …表示スタイル。今回は「Graph」。
  • Type … グラフの種類を選ぶ。
  • Width・Height … 幅と高さを指定(px単位)。
  • Max/Min value …グラフの最大値と最小値。
    • Auto-scale … 現在値に合わせて最小値と最大値が変動。
  • Show scale … 最小値・最大値の文字表示
    • フォントや色・サイズの変更も可

背景や枠、グリッドの色・太さ等も指定できる。

表示位置を座標指定できるが、別の設定方法(次項)の方が良い。

Graph

OKをすると、パネル上に項目が追加される。

要素の移動方法

各要素の位置は座標指定できるが、感覚的に分かりづらい。センサーパネルマネージャー上のコントローラーで調整するのがおすすめ。

要素の移動方法

中心の「〇〇px」のクリックで、移動単位を変更できる。パネルを見ながら、調整を行うのが良い。

また、パネル上で要素を右クリックし、”Move”を選ぶことでも移動できる。

スポンサーリンク

Item Type

グラフの他にも、様々な種類の要素を出せる。画像は各項目の一例だ。

Item Type
Sensor item

シンプルな値・棒グラフの表示に使う。

Sensor item

データソースの選択や文字サイズ、アイテムの幅等を細かく指定できる。

「Show label」にチェックを入れると、タイトルラベルの文字(例:”CPU使用率”)を表示できる。こちらも任意の色や書体を決められる。

Sensor item

「Value / Unit」タブでは単位の表示設定ができる。

温度の場合、デフォルトで「-C」になるので「℃」に変更しておく。

Sensor item

「Bar」タブでは簡易的な棒グラフを設定可能。

「Width/Height」で棒の幅・高さを指定。「Place」で表示スタイルを選べる。

「Limit」の値を指定すると、割合に応じてバーの色を変更できる。例えば、メモリ使用割合を表示する場合は以下の設定を行う。

Min : 0
Limit 1 : 25
Limit 2 : 50
Limit 3 : 75
Max : 100

55%の使用でバーがオレンジ色になる…といった具合だ。

Simple sensor item

「ラベル 〇〇(数値) %(単位)」のような形で表示する場合に使う。

simple sensor item

グラフの上に配置して、{グラフタイトル+生の値}にすると良い感じになる。

グラフの上に配置
Static label

単なる文字の表示に。ユーザー名やIPアドレスなどの変数を置くことも可能。

Image

主に装飾用に画像を設置する場合に使用。

パネルマネージャーで一番上に持っていけば、背景画像としても使える。

Graph

先程説明したので、省略。

Gauge

ゲージ。動的な変化が激しいCPU使用率等で使うと効果的。

Gauge

「Type」で”Costom”を選び、各段階の画像を全て挿入すれば、任意のスタイルに変更可能。画像作成職人の方向け。カッコいいセンサーパネル作りには必須だ。

  • Show icon … 円の下にアイコンを表示
  • Show value … 円の中心に値を表示
スポンサーリンク

一般設定

パネル作成が終わったら、一般設定をしておこう。

一般設定
  • Windows起動時の自動起動
  • システムトレイに最小化

上記の設定を行うことにより、システム起動時にAIDA64が自動起動する他、タスクバーアイコンも消せる。

センサーパネルが完成

各要素を組み合わせて作ったセンサーパネルがこちら。

センサーモニター
ダウンロード

小さい画面でも見やすくするため、上半分をグラフにした。主要パーツの温度に加えて、メモリ使用割合やCPU状況、GPU電力制限を表示させた形だ。

配置や大きさの調整は時間のかかる作業だが、地道に行っていくほかない。

自作PC ケース内ディスプレイ

自作PCのケース内モニターに配置した様子。ガンマとコントラスト設定の影響で、中央下のゲージが白くなってしまったのが気になる。

安いモニターでも視認性を確保するためのディスプレイ調整については、以下のページで解説している。(以下のリンクから直接該当箇所に移動できる)

スポンサーリンク

他人のスキンを使う

自分で0から設定を行うのはかなり大変だ。そこで、AIDA64公式フォーラムから、世界中の方々の作ったスキンをダウンロードできる。以下がフォーラムのリンクだ。

ダウンロードには無料会員登録をする必要がある。

ある程度整ったスキンから、自分に合わせてカスタマイズするのが最適だと思う。筆者の作成したファイルも、同フォーラムで配布中だ

インポート

インポート

ダウンロードしたファイルのインポートは、SensorPanel Managerの右上「Import」から行える。

AIDA64の問題点

実際に使って感じた問題点は以下の通りだ。

GPU使用率が無い

一番知りたかったGPU使用率が何故かデータソース一覧にない。NVIDIA製のグラフィックボードではできないのだろうか。知っている方が居たら、コメント欄で教えていただきたい。

追記:アップデートで表示できるようになりました

起動時にタスクバーが被ってしまう

Windows起動時に、センサーパネルのあるモニターにもタスクバーがオーバーレイ表示されてしまう。特定のモニターのみタスクバーを非表示にする方法を知りたい。

回避策としてタスクバーをメインディスプレイのみとしている。

日本語化がイマイチ

完全に日本語化されているわけではないので、全く英語が分からないと厳しい。

スポンサーリンク

まとめ

独特の設定方法も相まって、非常に難解な「AIDA64」。

使いこなせば、自分のお気に入りのセンサーパネルを作成できる。是非、この記事の内容を実践しマスターしてほしい。

自作PCユーザーはもちろん、ハードウェア好きにはおすすめのソフトだと思う。

<AIDA64関連>

  1. センサーモニターの設置方法
  2. AIDA64を安く買う方法と代用ソフト
  3. AIDA64の使い方を徹底解説(この記事)

コメント

タイトルとURLをコピーしました