【Android版】LINE/SlackにURLをワンタップ共有する【HTTP Request Shortcuts】

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェブサイトを巡回していると、URLをメモしておきたくなる時は無いだろうか。

「HTTP Request Shortcuts」を使って、後で読みたい記事をワンタップでLINEやSlackに共有するショートカットの作成する。

対象者:Androidユーザー
iPhoneの方はこちら

利用イメージは以下のような感じ。

ちなみに、iOS/iPadOSでも似たようなことが可能。こちらのページで手順を紹介している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Slack

ホーム画面や共有ボタンからHTTPリクエストを送信できるAndroidアプリ「HTTP Request Shortcuts」を使う。

設定方法

設定方法
  • Step 1/8
    Webhook URLの取得

    Slack App Directoryにログインする。

    メッセージを送信したいチャンネルを選択し、Incoming Webhook インテグレーションの追加を行う。

    Webhook URLの取得

    生成されるWebhook URLをメモしておく。

  • Step 2/8
    ショートカットの作成

    「HTTP Request Shortcuts」アプリを開き、右下の+ボタンから新規作成する。

    HTTP Request Shortcuts

    「標準HTTPショートカット」を選択。

    HTTP Request Shortcuts
  • Step 3/8
    ベーシック リクエスト 設定
    HTTP Request Shortcuts
    ショートカットの名前は任意でOK

    HTTP METHODを「POST」に変更し、先程発行したWebhook URLを入力。

    HTTP Request Shortcuts
  • Step 4/8
    リクエスト ボディ/パタメーター
    HTTP Request Shortcuts

    Content-Type→application/jsonと入力。右側の{}ボタンを押す。

    HTTP Request Shortcuts
  • Step 5/8
    変数を作成
    HTTP Request Shortcuts

    右下の+ボタンより新規作成し、「複数選択の入力(配列)」を選ぶ。

    HTTP Request Shortcuts

    「JSONエンコード」「「共有する…」を有効にする」にチェックを入れる。その後、選択を追加ボタンをタップ。

    HTTP Request Shortcuts
    変数の名前は任意

    任意のラベルを指定し、値は空のままOKを押下。

    HTTP Request Shortcuts

    ダイアログを閉じたら、右上のボタンで保存する。

  • Step 6/8
    リクエストボディの入力

    「リクエスト ボディ/パタメーター」に戻り、リクエスト ボディに以下を入力。
    {“text”: “”}

    “”の間にカーソルを合わせ、右側の{}ボタンを押す。

    HTTP Request Shortcuts

    先程作成した変数を選択。

    HTTP Request Shortcuts
    終了したら戻る
  • Step 7/8
    レスポンスの取り扱い

    以下のように指定すると、実行時に不要なポップアップが表示されない。

    • 成功の時→何もしない(静かに実行)
    • 表示タイプ→ダイアログ ウィンドウ
  • Step 8/8
    トリガー&実行の設定

    以下の2点にチェックを入れる。

    • ランチャーにアプリのショートカットとして表示
    • 「クイック設定タイル」経由でトリガーを許可する
    HTTP Request Shortcuts

    以上で設定は完了!右上のボタンから保存する。

使い方

URLをメモしたいサイトにアクセスする。

HTTP Request Shortcuts

右上の三点リーダーから”共有…”を選択。

HTTP Request Shortcuts

「送信…」のアイコンをタップすると、SlackのチャンネルにURLが送信される。

2回目以降はメニューから選択する必要はない。

HTTP Request Shortcuts
スポンサーリンク

LINE

続いて、LINEに投稿する場合の設定方法を見ていく。

アクセストークンの発行

予めLINE Notifyを友だちに追加しておく。

アクセストークン発行のため、以下のリンクよりログインする。

「トークンを発行する」を押下。

LINE アクセストークン

通知時に表示したい文字列をトークン名に入力。送信したいグループまたは個人チャットを選択。

生成されたトークンをメモしておく。

HTTP Request Shortcutsの設定方法

基本的な設定方法は、Slackと同じなので割愛。相違点のみ列挙する。

変数の設定

JSONエンコードのチェックは外す。

HTTP Request Shortcuts

投稿されたURLがエスケープ処理されてしまう場合は、ここを確認!

URLの指定

URLに以下を入力
https://notify-api.line.me/api/notify

HTTP Request Shortcuts

ヘッダーと値

ヘッダー:Authorization
値:Bearer <トークン文字列>

HTTP Request Shortcuts

トークン文字列には、先程取得したトークンを貼り付ける。

リクエスト ボディ

リクエスト ボディのタイプ:パラメータ(form-data)

パラメータ名:message
パラメータ値:<変数指定>

HTTP Request Shortcuts

使い方はSlack同様

使い方は全く同じ!

LINE Notifyから通知が来れば成功だ。

Androidスマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトをシェアしませんか?
↓PC人間(@pcningen)をフォロー↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC人間

コメント

タイトルとURLをコピーしました