Galaxy Z Flip4実機レビュー!高級感溢れる本体カラーが美しい【開封】

Galaxy Z Flip4Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本での発売も期待される新スマホ「Galaxy Z Flip4」の韓国版が到着!

PC人間
PC人間

ファーストインプレッション・ベンチマーク測定など、開封レビューします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本最速?先行入手!

レビューするスマホ
  • Galaxy Z Flip4 韓国版
  • 型番:SM-F721N
  • Snapdragon 8+ Gen 1搭載
  • 発売日:2022年8月26日

今回も、毎度お世話になっているガジェットバイヤー「さずぞう氏(@gdgdshop)」にご協力いただき、「Galaxy Z Flip4」の韓国版を現地発売前に入手できた。購入時の価格は税込172,920円(256GB)。

メディア以外での同モデル入手は、日本のみならず世界最速クラスだ。

Galaxy Z Flip4のスペック

実機の開封前に、まずは「Galaxy Z Flip4」のスペックをチェックする。

CPU(SoC)Snapdragon 8+ Gen 1
メモリ(RAM)8GB
ストレージ128/256/512GB
寸法閉じた時:71.9×84.9×17.1-15.9mm
開いた時:71.9×165.2×6.9mm
重量187g
ディスプレイメイン:OLED,6.7-inch,FHD+,2640×1080,22:9,120Hz
カバー:OLED,1.9-inch,260×512
カメラ広角:12MP,OIS,F1.8,1.8μm,83˚
超広角12MP,F2.2,1.12μm,123˚
インカメラ:10MP,F2.4,1.22μm,80˚
バッテリー3,700mAh,有線25W,無線(Qi)
防水IPX8
初期OSAndroid 12,OneUI 4.1.1
対応バンド仕向により異なる
Bora Purple,Graphite,Pink Gold,Blue,(Bespoke Edition)
海外発売日2022年8月26日(韓国)
国内発売日未定
国内価格未定
Source:Samsung Mobile Press

「Galaxy Z Flip4」は、折りたたみ式有機ELディスプレイを備える「縦折りスマホ」だ。

SoCには、最新の「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載。メモリは8GB、ストレージは128/256/512GBから選択できる。

バッテリーは、前作「Galaxy Z Flip3 5G」の3300mAhから3700mAhに増量。TSMC製の上記SoCと併せて、電池持ちの改善にも注目だ。

折りたたみスマホながらIPX8の防水に対応している点もGood Point。その他スペックも基本的にハイエンド仕様となっている。

スポンサーリンク

開封

パッケージは最近よくある薄型の箱。

Galaxy Z Flip4 箱

付属品

箱を開けると本体がお目見え。

Galaxy Z Flip4 同梱品

同梱物は本体とUSB-Cケーブル・SIMピン・説明書のみ。充電器は付属しない。

開封の楽しみ:初期フィルム剥離

Galaxy Z Flip4 初期フィルム

ペリペリ剥がし楽しいよね。

本体

本体の外観やデザインをチェックしよう。

外観・デザイン

Galaxy Z Flip4 デザイン

今回選んだ色は「ブルー」。しっとりとした青で上品さがある。

Galaxy Z Flip4 デザイン
カメラは2眼構成

背面の質感はマット調。さらさらながら適度な摩擦があり、持ちやすさを損ねていない。

Galaxy Z Flip4 ヒンジ
隙間はあり

「Galaxy Z Flip3 5G」と比べてヒンジの出っ張りが少なくなっている。

Galaxy Z Flip4 ヒンジ

ヒンジカバーには”SAMSUNG”の文字が刻まれている。例年どおりであれば、国内版は”Galaxy”刻印になるはずだ。

Galaxy Z Flip4 側面

対する側面はフラットな光沢タイプで、高級感を醸し出している。指紋の付着は気にならない。

全体的にプレミアム・ラグジュアリー感が増した気がする。

重量

Galaxy Z Flip4 重さ

「Galaxy Z Flip4」の重さは188グラム。公称値より1グラム重い。

閉じた状態で握るとずっしり感があるが、開くとさほど気にならない。重量バランスが若干前に偏ってるためか、軽くはないという印象。

持ちやすさは許容範囲内といったところだ。

スポンサーリンク

起動

電源オン!

Galaxy Z Flip4
もちろん日本語に対応

OSはAndroid 12に基づく「One UI 4.1.1」を搭載。

Galaxy Z Flip4 端末を使用する上での注意

折りたたみ端末特有の「端末を使用する上での注意」は未だ表示される。

Galaxy Z Flip4 ホーム画面

初期設定を済ませたら、見慣れたホーム画面に到着!

ファーストインプレッション

Galaxy Z Flip4

初代Galaxy Foldの時に感じた「壊れるのではないか」という不安感は全くなく、すぐに手に馴染んだ。高級感と上品さを兼ね備えたボディが非常に美しく、満足度が高い。

ソフトウェアについては「使い慣れたGalaxy」という感じで、特段驚きはなかった。

フレックスモード

折りたたみスマホならではの「フレックスモード」も利用可能。一部アプリでは”半折り状態”のUIが最適化される。

Galaxy Z Flip4 フレックスモード
上下の入れ替えも可能

カメラアプリでは、下部に操作系・上部にプレビューが表示される。タイマーをセットすれば、集合写真やタイムラプス撮影時に便利だ。

Galaxy Z Flip4 フレックスモード

YouTubeアプリも最適化され、スタンドいらずで動画視聴できる。

折り目は?

Galaxy Z Flip4 折り目

Galaxyが他社に遅れを取っている「折り目問題」。結論から言うと”折り目はまだある”。

ただし、ヒンジの改良により前作と比べて折りたたみ範囲が狭くなり、軽減されているようだ。手元の「Galaxy Z Fold3 5G」と比較しても、確かに指ざわりが違う(経年劣化の可能性はあるが‥)

特に白画面では溝をほとんど視認できず、「通常利用において気になって仕方がない」ということは無いだろう。

スポンサーリンク

ベンチマーク

Galaxy Z Flip4は、Qualcommの最新SoC「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載。そのパフォーマンスにも注目だ。

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark v9.4.4での結果はこちら。

Galaxy Z Flip4 AnTuTu Benchmark

総合スコアは812545点。内訳はCPU:197071/GPU:331510/MEM:133987/UX:149977となった。

Galaxy Z Flip4 AnTuTu Benchmark

測定中の温度は5.8℃上昇し、バッテリーは5%消費した。発熱はまずまず抑制されている。

以下の表は「Galaxy S22 Ultra」「Galaxy Z Fold3」との比較だ。

Z Flip4S22 UltraZ Fold3
搭載SoC(Snapdragon)8+ Gen 18 Gen 1888
総合812545897944778382
CPU197071216650209554
GPU331510366536270676
MEM133987160787140579
UX149977153971157573

Snapdragon 8 Gen 1を搭載する「Galaxy S22 Ultra」のスコアを全項目で下回った。起動直後だからなのか?

今後のアップデートでスコアが変動する可能性はある。

Storage Test

ストレージのI/O速度を計測する「Storage Test」も実施。

Galaxy Z Flip4 AnTuTu Benchmark

結果は67838点。ちなみに、本機のストレージ規格はUFS 3.1となる。

GeekBench 5

続いて、GeekBench 5で計測。

Z Flip4S22 UltraZ Fold3
CPU(シングル)76612261072
CPU(マルチ)258333433258
Compute<OpenCL>639462584585
Compute<Vulkan>663160604619

GPU性能を測るComputeは「Galaxy S22 Ultra」を上回ったものの、CPUは20~40%程度低い値を示している。これがSamsungのチューニングなのだろうか。

バッテリー持ち

この記事は開封直後に執筆しているため、当てにならないと思うが一応掲載。

Galaxy Z Flip4 バッテリー持ち

ひと通りデータ移行と各種設定を済ませて、残りバッテリーは27%。

こんどきちんと検証します。ちょっと待ってね。

スポンサーリンク

カメラ

取り急ぎ、花を撮影してみた。カメラ性能に定評のある「Galaxy S22 Ultra」と比較。

Galaxy Z Flip4はより鮮やかな発色だ。ボケの量はGalaxy S22 Ultraの勝利か。

Galaxy Z Flip4の緑の出方が好み。パリっと撮れているのも良い。

10分程度少し試す限りでは、Galaxy S22 Ultraと遜色ないどころか、より好印象の写真が仕上がった。

夜景や暗所、HDR性能などの詳しいカメラ比較は、別記事で投稿する予定だ。

スピーカー

Galaxy Z Flip4のスピーカーは、下側面と受話スピーカーを用いたステレオ仕様。

Galaxy Z Flip4 スピーカー

中音量にて音割れすることもなく、動画鑑賞程度であれば不満が出ないレベル。

自立した状態でデスクに置くと、台全体が振動して広がりのある音になる。折りたたみスマホの意外なメリットかもしれない。

スポンサーリンク

メリット・デメリット

Good
  • 高級感のある本体
  • 使いやすいOS「One UI 4」
  • IPX8防水対応
  • 折りたたみ独自UI
  • カバーディスプレイが意外に便利
  • 指紋認証・顔認証は良好
  • eSIM+物理SIMのデュアルSIM対応(韓国版)
Bad
  • 電源・音量ボタンの位置が上すぎる
  • 充電が遅め

カバーディスプレイが意外に便利

閉じた状態で使える1.9インチの「カバーディスプレイ」には、時計はもちろんカレンダーやタイマー、通知を表示できる。

購入前は正直コレいる?と思っていたが、結構便利かもしれない。

電源・音量ボタンの位置が上すぎる

Galaxy Z Flip4 ボタン

電源ボタンと音量ボタンは本体上部に付いているため、指が遠い。2つ折りという構造上致し方ないが、使いづらさを感じた部分だ。

入手方法

9/8追記:2022年9月29日の国内発売が決定!

記事執筆時点で「Galaxy Z Flip4」の日本国内での取り扱い及び発売日は未定

早く入手したい方は、グローバル版を海外通販から購入できる。

海外通販

Expansys

海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)では、第一次出荷分を数量限定で販売中。初回入荷次期は9月上旬となる。

Etoren

海外スマホの輸入販売を行うEtoren(イートレン)でも、同機種の販売がスタートしている。

商品リンク:Galaxy Z Flip4

型番はSM-F721B。価格は8/12GBモデルで143,000円となる。

また、背面の上下とヒンジの色をカスタマイズできる「Bespoke Edition」の取り扱いもあり!限定色が欲しい方はぜひチェックしてみよう。

イオシス

東京・秋葉原を中心に全国10店舗を展開するイオシスに入荷!詳細はこちらの記事で紹介している。

国内発売日

9/8追記

日本での発売日は、2022年9月29日に決定。au・NTTドコモ・楽天モバイルで取り扱いされる。

カラーはピンクゴールド(楽天はなし)・ボラ パープル・グラファイトの3色展開。

前述の通り、日本での発売日は不明だ。

今年は、NTTドコモ・auに加え、楽天モバイルでの取り扱いも噂されている。FeliCa(おサイフケータイ)搭載での登場に期待したい。

まとめ

駆け足となったが、「Galaxy Z Flip4」の開封レビューを行った。

筆者の購入した折りたたみスマホは、「初代Galaxy Fold」「Galaxy Z Fold3 5G」に続き、3台目となる。

”縦折り”のGalaxyが生活スタイルに合うのか、気づいた点があれば本記事に追記する予定だ。

※技適について(プライバシーポリシー/免責事項)

コメント

タイトルとURLをコピーしました