Visaプリカ「BANKIT」がApplePay/GooglePayに対応!おたすけチャージも再開!

BANKITお得情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Visaプリペイドカード「BANKIT」がApple Pay、Google Payへの対応を開始した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

要点

Apple Pay・Google Payに対応したほか、後払い決済の「おたすけチャージ+」、「オンライン本人確認」の機能を提供開始した。

Apple Pay

  • QUICPay+
  • Visaのタッチ決済

上記の決済手段に対応。

Google Pay

  • QUICPay+

Google Payに登録し、一部を除いたQUICPay+加盟店で利用できるようになる。

スポンサーリンク

登録方法

Apple Payの設定方法

①Apple Payを設定
②設定を始める
③使用する端末を選択

④カードを追加
⑤完了
⑥メインカードに設定(任意)

いつもどおりの手順だ。完了すると、「QUICPay+」「VISAのタッチ決済」対応加盟店で利用できる。

Google Payの設定方法

Google Payの手順も基本的に同様だ。アプリ内リンクからウィザードを開始できる。

なお、Visa番号を使った有効化もでき、Apple Payとの併用(同時利用)も可能だ。

スポンサーリンク

おたすけチャージが再開

新規利用が停止していた後払いサービス「おたすけチャージ」が、8月10日にリニューアルして再開した。

「おたすけチャージ」と、より金額の大きい「おたすけチャージ+」に分類される。どちらも利用には本人確認書類および審査が必要。

おたすけチャージ

アプリ内の「チャージ」から「おたすけチャージ」に進む。金額を選択し、精算日を確認するれば完了だ。期日までに残高を用意しておくことで、自動精算される。

精算日前の任意のタイミングで手動精算できるのも個人的に嬉しいところ。

なお、与信額は3,000円または6,000円で、一回あたり300円の手数料がかかる。申込可能年齢は18歳以上。

おたすけチャージ+

キャッシングとショッピングに分かれ、所定の手数料が発生する。前者はセブン銀行ATMでの出金が可能だ。

チャージ方法は基本的に同様で、ショッピング利用では分割払いと翌月末払いが選べる。申込可能年齢は20歳以上となる。

手数料などの詳細は公式ページより確認必須だ。

まとめ

nanacoやWaonの対応が発表されるなど、新たな動きを見せるApple Pay。

当ブログは今後も、随時情報を取り上げていく予定だ。

履歴
8/11 初出
8/20 登録方法・おたすけチャージについてを追記
9/1 エクスプレスカードに関する記述に誤りがあったため削除

Source,Image:BANKIT – NEWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました