Wiseデビットカードの無料発行キャンペーン開始!登録方法・使い方まとめ

Wiseデビットカードお得情報
スポンサーリンク

英国フィンテック「Wise」が、デビットカードの発行手数料を期間限定で無料にするキャンペーンを開始した。

スポンサーリンク

Wiseとは?

Wise(旧:TransferWise)は、イギリス発のフィンテック企業で、多通貨口座や送金サービスを展開する。

明瞭で安価な両替・送金手数料が特徴。2016年に日本に上陸し、資金移動業者の免許を取得している。

Mastercardブランドのデビットカードを提供しており、海外旅行や海外通販において現地通貨による支払いが可能だ。今回、そのカードの発行手数料が無料になるキャンペーンのお知らせが、筆者の元へ届いた。

発行手数料無料キャンペーン

  • 通常1,200円の発行手数料が無料
  • 期間:2021年10月4日(月)まで
Wiseデビットカード

1,200円の支払いを躊躇していた方は、この機会に作るのが良いだろう。筆者もその一人で、登録後長い間放置していた。

なお、本キャンペーンがメール受信者限定なのか、新規登録者も対象なのか、現時点では確認できていない。発行の際は念の為、アプリ上の表記を確かめてほしい。

スポンサーリンク

Wiseデビットカードの発行方法

  1. アプリをダウンロード
  2. 登録
  3. 本人確認
  4. 3,000円を入金
  5. すぐにMastercard番号が使用可能

アプリをダウンロード

以下のリンクからアプリをダウンロードできる。

登録

アプリの他にも、公式サイトから登録することもできる。

Wise登録

メールアドレスやソーシャルログインでの認証をして、必要事項を入力すれば、数分で完了だ。

本人確認

マイナンバーカードや運転免許証等での本人確認が必要。アプリ上でeKYCが行われ、郵送や書面でのやりとりは一切無い。

3,000円を入金

Wiseデビットカードを発行するためには、初回3,000円の入金を求められる。

Wise 入金

デビットカード、または銀行振込で資金を追加する。前者はWise側で手数料が必要だが即時入金される。

Revolutの画面
Revolutの画面

もう一つの英国フィンテック「Revolut」が発行するVisaデビットカード経由のチャージもできた。

Revolutについては以下の記事で解説している。

すぐにMastercard番号が使用可能

Wiseデビットカード 注文

発送手続きを完了するとMastercard番号が発番され、すぐにネット上での決済で利用できる。物理カードの到着を待たずして使用できるのは嬉しいところ。

Wiseデビットカード

カードが到着したらアプリでアクティベートしよう。

Wiseデビットカードのメリット・デメリット

メリット

  • お得に外貨決済が可能
  • 汎用性の高いMastercardブランド

お得に外貨決済が可能

良い為替レートで外貨に両替できるのが最大のメリットだ。もちろんそのまま決済にも使用できるため、海外通販サイトでよりお得に買い物を楽しめる。

汎用性の高いMastercardブランド

世界的にもシェアの高いMastercardブランドで、使える店舗の数も多い。カードにはMastercard Contactless(タッチ決済)機能も付帯し、かざすだけで決済が完了する。

デメリット

  • キャッシュバックやポイント還元は無し
  • クレジット/デビットチャージには手数料が発生
  • Apple Pay/Google Pay非対応

キャッシュバックやポイント還元は無し

利用額に応じたキャッシュバックやポイント付与は無い。国内のみで使いたい場合は、特筆すべきメリットが無い。

クレジット/デビットチャージには手数料が発生

前述の通り、カード経由の入金には3.2%程度の手数料が発生する。銀行振込でもチャージ可能なので、場合に応じて使い分けたい。

日本において銀行業の免許を取得しておらず、Wiseカードは実質的にブランドプリペイドカードとなる。決済のみを目的とする場合には、他カードを検討するのが良いだろう。

Apple Pay/Google Pay非対応

2021年9月現在、日本国内のWiseアカウントで発行したデビットカードでは、Apple PayやGoogle Payによるモバイル決済は利用できない。こちらに関しては今後の対応に期待したい。

スポンサーリンク

まとめ

海外旅行・通販で大活躍間違いなしの「Wise」。アプリのUIも非常に良くできていると感じた。

今後も、Wiseの動きに注目していきたい。

Link,Image:Wise

コメント

タイトルとURLをコピーしました