iPhoneで雨音を聴こう。iOS15の隠れた新機能「バックグラウンドサウンド」

雨粒iOS
スポンサーリンク

ついに正式リリースされたiOS 15。雨音や川の音が聴ける「バックグラウンドサウンド」を使ってみた。

スポンサーリンク

バックグラウンドサウンドとは?

バックグラウンドサウンドは、iOS 15で実装されたアクセシビリティ機能のひとつ。ホワイトノイズを流すことで周囲の雑音を取り除き、作業の集中力を高める。

アプリを入れることなく、雨や川・海の音を聴くことができる。

アップデート後に、コントロールセンターに”耳のアイコン”が現れたことに気づいた方も多いだろう。

バックグラウンドサウンドを使う方法

設定アプリで有効化

設定アプリを開き、コントロールセンターの設定に移動。

聴覚

”コントロールを追加”から「聴覚」の隣の+ボタンを押す。

すでに”含まれているコントロール”欄にある場合は、そのままにしておく。

コントロールセンターを開く

iPhoneの右上からスワイプし、コントロールセンターを展開。

聴覚

耳のアイコンをタップしよう。

雨音を楽しむ

バックグラウンドサウンドを”オン”

バックグラウンドサウンドを”オン”にすれば音声が流れ始める。スピーカーやイヤホン、ヘッドホンで再生可能だ。

雨の他にも、以下のサウンドが用意されている。

バックグラウンドサウンド
  • バランスの取れたノイズ
  • ブライトノイズ
  • ダークノイズ
  • オーシャン
  • ストリーム

個人的には、ストリームが気に入った。川のせせらぎを想像させるサウンドで、長時間でも不快感が少ないと感じた。

なお、AirPods Pro等の対応デバイスでは、「ライブリスニング」や「ヘッドフォン音量」の機能が利用できる。

スポンサーリンク

まとめ

眠れない夜や勉強の時にピッタリの機能だと思う。他メディア再生時にも利用できるため、オンライン学習や会議での集中力向上も期待できそうだ。

細かい新機能でのUX向上こそがiOSの魅力であり、今後も様々な要素の追加を楽しみに待ちたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました