Nudgeの返済はRevolutでできる!ポイント還元率UPや支払い延期に

お得情報
スポンサーリンク

いつでも返済ができるクレジットカード「Nudge」。利用額は、決済アプリ「Revolut」の振込機能で支払い可能だ。

「au PAY プリペイドカード」を用いた、ポイント還元率のアップや、支払い期日の延期について紹介する。

スポンサーリンク

Nudgeとは?

Nudge(ナッジ)は、2021年に発行を開始したクレジットカード。

学生や20~30代を主なターゲットとしており、申込みや利用確認、返済を全てアプリ上で行う。

一般的なクレジットカードと異なり、利用代金は口座振替ではなく、銀行振込またはセブン銀行ATMで入金する。任意のタイミングで返済ができるため、お金の管理がしやすいのが特徴だ。

プリペイドカードのような感覚で利用でき、筆者も愛用している。

Revolutとは?

Revolut(レボリュート)は、Visaカードを発行できる総合ウォレットアプリ。決済や振込、資産管理機能を備える。

事前入金が必要な「プリペイドカード」だが、諸外国同様に発行されるカードは「デビットカード」として扱われるため、汎用性が高い。

Revolutについては、別の記事で詳しく解説している。

RevolutでNudge代金を返済

前述の通り、「Nudge」の代金支払は「Revolut」で行える。

手順
  • Step 1
    Nudgeの返済用口座を確認

    ”返済”タブから請求額を確認し、銀行振込を選択。

    自分専用の返済用口座情報が表示されるので、メモしておく。

  • Step 2
    Revolutに入金

    デビットカードや銀行振込で、Revolutに入金する。

    クレジットカードやプリペイドカード(一部を除く)から入金した残高は、送金できないため注意。

  • Step 3
    Nudgeの口座に送金

    先程確認したNudgeの返済用口座に、Revolutから送金する。

    アカウント画面から「送金 > 新規」の順にタップ。口座番号等を入力する。

    GMOあおぞらネット銀行の金融機関コード:0310

  • Step 4
    完了

    着金には数日かかる場合がある。期日ギリギリの場合は、余裕を持って送金しよう。

ちなみに、Revolutの出金・送金可能な残高は、アプリ上で確認できる。

左上のアイコン > 上限
スポンサーリンク

ポイント還元率UP

Nudgeのデメリットの一つとして「ポイント還元が無いこと」が挙げられる。

Revolutへの入金の際にポイントを獲得することで、実質的に還元率を引き上げ可能だ。

クレジットカードやプリペイドカードから入金したRevolut残高は、基本的に送金・出金ができない。そのため、デビットカードでの入金がおすすめだ。

使用するサービス、利用方法によっては規約・法令違反となる場合があります。十分ご注意ください。

例外的に「au PAY プリペイドカード」で入金した残高は送金・出金可能となっている。

支払い延期も可能?

「au PAY プリペイドカード」への入金は、クレジットカードでも行える。そのため、理論上は支払い期日を1ヶ月程度延期できる。

ただし、意図しない挙動であることは明らかで、利用規約等に抵触するおそれがあるので、使用は自己責任で。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、Revolutを使ったNudgeの返済について見てきた。

現段階でNudgeカードは3Dセキュアに非対応であり、利用用途が限られる。対応の際には、様々な”ポイ活”ルートでの使い道が増えそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました