壁ギリギリOK!HPのモニターアーム「BT861AA」レビュー!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

”エルゴトロンOEM”として知られるHPのモニターアーム「BT861AA」

エルゴトロン/Amazonベーシックとの違いをチェックするとともに、設置方法や使用感をレビューする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HP シングルモニターアーム「BT861AA」

BT861AA
購入した商品
  • HP シングルモニターアーム「BT861AA」
  • 購入時の実質価格 10,781円

100×100mm・75×75mmのVESA規格に対応し、3.1~9.1kgのモニターを取付可能。

より高い配置の柔軟性を求め、2枚対応のデュアルタイプではなく、シングルタイプの本製品を選んだ。

評判の良い「エルゴトロン」のOEM品で、公式HPにもその記載がある。

エルゴトロン/Amazonベーシックとの違い

モニターアームについて調べていると、エルゴトロンLX・Amazonベーシック・HP(本製品)が候補として挙がる。

主な違いは以下の通りだ。

商品価格(記事執筆時点)耐荷重
HP「BT861AA」10,781円3.1~9.1kg
Amazonベーシック11,273円2.3kg~11.3kg
エルゴトロン LX14,980円3.2kg~11.3kg
クリックで製品ページに移動

耐荷重に違いはあるものの、機能面はほぼ同等だ。いずれも、クランプ式・グロメット式の取付金具が付属する。

重量級のモニターをお持ちの方以外は、価格の安い「HP BT861AA」がおすすめと言える。

スポンサーリンク

取付方法

ここからは、クランプ方式で実際に取付を行う。

BT861AA

本体は、台座部・中間部・上部に分かれている。

いくつかの金具が付属しているが、今回は使用しない。

モニターアームの設置手順
  • Step 1/6
    台座の取付

    まずは、台座部を取り付ける。

    BT861AA

    適当な位置に挟んで、下から固定する。

    BT861AA

    台座の大きさは10cm強。

    BT861AA
  • Step 2/6
    中間アームを差し込み

    中間部を差し込む。リングは上下に移動できるので、お好みの位置に調整しよう。

    BT861AA

    なお、可動範囲は狭くなるが、中間部を外して直接上腕を取り付けることも可能。

  • Step 3/6
    モニター側に固定

    モニターにアームをネジ止めする。

  • Step 4/6
    上部アームを乗せる

    モニターが付いた状態で、上部のアームを中間アームに乗せる。

    BT861AA
    表面はサラサラした質感
  • Step 5/6
    フタをする
    BT861AA

    最後にフタをすれば完成。

  • Step 6/6
    完成!
    BT861AA

    関節は、手で動かそうとしても固くて動かず心配になるが、モニターを乗せるといい感じになるので問題ない。

    BT861AA

    なお、外す時はモニターごと持ち上げれば良い。

スポンサーリンク

壁ギリギリに寄せられる

デスクが小さく、奥行きが足りない、などの理由で壁際ギリギリにモニターを設置したい場合も多いだろう。

モニターアーム 壁ギリギリ

隙間やモニターの厚みにもよるが、壁から画面の前面まで16~18cm程度となる。

筆者は、27インチの4Kディスプレイを60cmのデスクで使用している。本製品を併用することで、近すぎず・高すぎない、最適な位置に調整できた。

詳細は、以下の記事に掲載している。

高さ・前後移動も自由自在

BT861AA

もちろん、前後移動も可能。60cmほど前に持ってくることもできる。

地面スレスレなど、高さも自由自在。適度な力で調整でき、重力で落下してくることもない。

ケーブル収納も可

BT861AA

中間アームの裏側に、ケーブル類の収納トレイがある点もGood Point。

まとめ

パソコンデスク

HPのモニターアーム「BT861AA」を購入して大変満足している。

やはり、最適な位置に微調整が可能な点は、最大のメリットと言えるだろう。

先日購入した4Kモニター「27GP95R-B」とともに、明日からの作業が一層捗りそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました