Osmo Mobile 6 レビュー!延長ロッドが便利なスマホジンバルの決定版

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJIの2022年新型スマホ用ジンバルスタビライザー「Osmo Mobile 6」を入手した。

筆者は、以前より「Osmo Mobile 3」を使用しており、進化ポイントや良い点・悪い点についてもレビューする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Osmo Mobile 6 のスペック

「Osmo Mobile 6」は、DIJのスマートフォン向けスタビライザー。

前モデルの「OM 5」と比較して、被写体トラッキング機能が新世代の「ActiveTrack 5.0」にアップデートされたほか、本体を展開するだけで電源が投入される「クイック起動」に対応した。

OM 5の重量が290gなのに対して、Osmo Mobile 6は19g増の309gとなる。

重さ170~290g、厚み6.9~10mmのスマホに対応。最新のiPhone 14 ProやPro Max、Pixel 6 Pro、Galaxy S22などをサポートする。

サイズ展開時:276×111.5×99mm
折りたたみ時:189×84.5×44mm
延長ロッド215mm
ジンバル重量309g
三脚重量72g
バッテリー容量1000mAh
充電USB-C,約1時間24分
動作時間約6時間24分
対応スマホの幅67~84mm
対応スマホの厚さ6.9~10mm
対応スマホの重量170~290g
対応機種iPhone 14 Pro Max,iPhone 14 Pro,
Galaxy S22,Pixel 6 Pro,Pixel 6など
対応スマホ一覧(PDF)
ジンバルモードフォロー,チルトロック,FPV,スピンショット
その他機能ActiveTrack 5.0,タイムラプス,
モーションラプス,ハイパーラプス,
DynamicZoom,ジェスチャー操作,
パノラマ,ストーリーモード
価格税込20,900円(記事執筆時点)
Source:DJI,BICCamera

開封

Osmo Mobile 6 箱

今回は、ビックカメラ.comで購入。発売日当日に入手できた。

付属品

Osmo Mobile 6 付属品

本体と磁気クランプ、三脚、調整用シール(?)、持ち運び袋、説明書類が同梱されている。

重量

Osmo Mobile 6 重さ

本体の重さは、実測309g。Osmo Mobile 3の405gと比べるとかなり軽く感じる。

「重いから今日はいいや…」というのが無くなり、積極的に持ち出しやすくなった。

スポンサーリンク

取り付け

先日購入した「iPhone 14 Pro」に装着する。

専用の撮影アプリ「DJI Mimo」を予めダウンロードしておくと良いだろう。

Osmo Mobile 6

使い方は至って簡単。まず、デバイスの中心付近に磁気クランプを取り付ける。

Osmo Mobile 6

ジンバルの腕部分を展開し、向きを合わせて磁石で貼り付けるだけ。

Osmo Mobile 6

「DIJ Mimo」を起動し、Bluetoothペアリングすれば準備完了だ。

Osmo Mobile 6

もちろん、OS標準カメラを使うことも可能。

Osmo Mobile 6

グリップ上部に小型モニターが搭載されており、電池残量や現在のモードを確認できる。

録画開始やモード変更などの操作は、手元のボタン類で行う。

動画作例

さっそく、Osmo Mobile 6とiPhone 14 Proを使い動画を撮影した。DJI Mimoアプリで、4K60FPS・Dolby Visionを有効化している(Twitter投稿時に圧縮済みだが‥)

広角

う~ん。正直思ったよりは手ブレ補正が効いていない。

ただし、Osmo Mobile 3+iPhone 11 Pro Maxの時に感じていた”小刻みなブレ”は全くなく、滑らかさが増している。

超広角

延長ロッドを伸ばし、高い位置から撮影した。iPhone 14 Proの超広角レンズを使用。

先程よりも手ブレ補正が効きが良く、安定している。

逆に、地面に近づけてダイナミックな映像を撮ることもできる。

超広角レンズを使った方が、より迫力のある映像になった。

さらなる手ブレ補正を求める方は、iPhone 14 Pro/Maxに搭載された「アクションモード」や、小型ジンバルを内蔵するvivoの端末を活用すると良いだろう。

スポンサーリンク

良い点・悪い点

筆者が以前使用していた「Osmo Mobile 3」と比較した、「Osmo Mobile 6」のメリット・デメリットは以下のとおりだ。

Good
  • 延長ロッドが便利
  • 磁石式で簡単に取り付け・起動
  • 軽量化
  • 厚さ1cm・重量290gのスマホまで対応
    • スマホケースを付けたまま使用可能(iPhone 14 Pro)
  • 人物トラッキングが正確
Bad
  • 超広角撮影時にジンバルが映り込む
  • バッテリー容量が減少

延長ロッドが便利

Osmo Mobile 6 延長ロッド

アームの部分が自撮り棒のように伸びる「延長ロッド」を搭載。

前述の作例のとおり、高い位置や低い位置からの撮影が可能だ。

集合写真を撮るときにも便利。

磁石式で簡単に取り付け・起動

磁石式のクランプによるマウントが本当に楽。

Osmo Mobile 6 重さ

スマホ+ケース+クランプ込みでも265gという常識的な重さで、付けたままでも違和感が少ない。

「クイック起動」との組み合わせで、使いたいときにすぐ使えるのが非常に良い。

スマホケースを付けたまま使用可能

Osmo Mobile 6 クランプ

クランプは斜めからスマホを掴むような構造になっている。ボタン類と干渉しづらく、あらゆる機種に対応できるのもGood Point。

厚さ1cm・重量290gのスマホまで対応し、iPhone 14 Proを純正ケースを付けたまま使用できた。

超広角撮影時にジンバルが映り込む

ここからは気になった点を挙げる。

Osmo Mobile 6 超広角

超広角カメラの写真モードでは、アームの先端が映り込んでしまう。

ただし、クランプ取り付け位置を中央より若干下にずらすことで解消した。ジンバル機能に影響はないが、バッテリー持ちが悪くなる可能性がある。

画角が狭くなる動画モードでは、クランプを中央に取り付けても映り込むことはない。

バッテリー容量が減少

「Osmo Mobile 3」のバッテリー容量は2,450mAhで、駆動時間は15時間。対する「Osmo Mobile 6」は、1,000mAhの容量で約6時間半駆動する。

”デメリット”として挙げたが、個人的には連続で15時間使うことはなく、特段問題にはならない。むしろ本体の軽量化に貢献していると考えられ、丁度よい容量だと思う。

スポンサーリンク

まとめ

Osmo Mobile 6

本記事では、「Osmo Mobile 6」を購入し、レビューした。

ジンバルとしての使い勝手・完成度は非常に高く、YouTuberのみならず、一般ユーザーの記録用にもおすすめできる製品だ。

以前感じていた不満点がしっかりと解消されており、旧世代からの買い替えでも満足できるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました