【設定】コルセアiCUEの使い方徹底解説!認識しない場合の対処法

iCUE 完全網羅自作PC
スポンサーリンク

複雑で難解なCORSAIRのRGB制御ソフト「iCUE」。本記事では使い方や認識しない場合の対処法を解説する。

スポンサーリンク

iCUEのダウンロード

コルセアのLED制御ツール「iCUE」をまだ導入していない方は、公式ページからダウンロードできる。

このソフトでは、光り方の変更の他にも、ファン回転数の制御やシステムモニタリングが行える。

ホーム画面の見方

起動すると、以下の画面が出現する。

iCUE ホーム

ホーム画面には、シーンとセンサ、デバイスが表示される。

左カラム次項で説明のシーンを選択できるほか、各パーツの温度や使用状況のクイックビューが付属。右カラムでは、対応製品が表示され、クリックすると設定に移れる。

スポンサーリンク

RGBコントロール

一番の目的はCORSAIR製パーツの「LED制御」ではないだろうか。誰でもできるカンタンな設定から、玄人向けの超詳細なカスタマイズ方法まで解説する。

シーン

一番手軽なのが、シーンによる光り方の変更。後述のプロファイルよりも優先適用される。

シーン

ホーム画面からシーン右上の+マークをクリック。

シーン プリセット

プリセットが豊富なので、とりあえず全部「作成」して試してみよう。

シーン カスタム

プリセットをベースとしたより詳細な設定は「カスタム」で行う。色の切り替わり速度や方向を調整できる。

シーンの適用

各デバイス左下の◯印を押すことで、シーンの適応対象を選択できる。

スポンサーリンク

プロファイルの作成

もっと高度なカスタマイズがしたい方は、プロファイルを作成機能を使おう。”アドレサブル”の名の通り、LED1個単位で制御できる。

予め、プロファイルを作っておく。

プロファイル
作成したプロファイルのフォルダ分けも可能

下矢印から開き+ボタンをクリック。

プロファイル

任意の名前とアイコン、背景画像で作成する。

書き込むプロファイルが選択済みなことを確認し、ホーム画面からカスタマイズしたいデバイスをクリックすると、以下の画面が出現。

照明効果

「照明効果」に移動。

照明レイヤー

新規レイヤーを作成する。

クイック照明ゾーン

設定対象を決める。「クイック照明ゾーン」でパーツのLEDを一括選択可能。実際に該当するLEDが光るので、PCケース内を覗きながら確認しよう。

LED1つ単位での制御

前述の通り、LED1つ単位での制御も可能。点一つひとつがLEDを表しており、左クリックで対象を選択。[Ctrl]キーを押しながらクリックで、複数選択できる。

照明タイプ プリセット

次に、光り方を選ぶ、シーンと同様にプリセットもあり、速度や方向ももちろん変更可能。

照明タイプ カスタム

照明タイプ「カスタム」では、さらに高度な設定ができる。色の種類や時間を自由に弄れる。

正直、ここを触りだすと時間があっという間に過ぎてゆくし、デザインセンスが求められるので、素人向けではない。

照明リンク

照明リンク」を使えば、他パーツと光り方の統一ができる。例えば「レインボーウェーブ」では、水冷ヘッドからメモリ・ファンに向かって虹色が流れるような演出になる。

PC人間
PC人間

コレを使いこなせるかが、結構カギになる気がする。

照明レイヤー

また、「照明レイヤー」で複数パターンを層にできる。

水冷ヘッドにはCPU温度を、メモリにはメモリ温度に応じて色を変更する、といったことが可能だ。

以上で光り方のカスタマイズは完了。適用されない場合は、シーンがオフになっていることを確認しよう。

スポンサーリンク

照明設定

照明設定 > 照明設定チャネル では、使用中の製品を選べる。

照明設定

基本的に”自動検出”で良い。うまく光らない場合は、該当するものを手動選択しよう。誤ったものにすると、最悪パーツが壊れることもあり得るので注意。

ハードウェア照明

「ハードウェア照明」はiCUEソフトが起動していない時の光り方を変更できる。

ハードウェア照明

Windows起動時やロック中、BIOS画面などで適用される。自分は、何も光らないようにしている。

ファン回転数制御

冷却

ファンや水冷ポンプの回転数制御を行える。

ファンカーブ

「静か」「安定」「最速」「ゼロRPM」「変速」のプリセットの他、自分でファンカーブを作れる。

  • 固定RPM … 温度に関わらず一分間の回転数を指定
  • 固定 % … 温度に関わらず一定割合の回転数にする
  • カスタムカーブ … 温度に応じて回転数を変更

”ゼロRPM”はファンの回転をオフにできるが、温度が上がりすぎる場合もあるので、おすすめしない。次節のアラートと組み合わせることを推奨。

アラート

メモリやCPUの温度が上昇した場合の動作を決定できる。

アラート

ファン回転数を全て100%に設定やシステムのシャットダウン、任意のファイルの実行も可能。

こちらもレイヤー化できる。特にこだわりがない場合は、デフォルトで良いと思う。

iCUEの自動起動

以上で、プロファイルは完成!Windows起動時にiCUEを自動起動する設定にしておこう。

システム起動時に起動する

(タイトルバー右上の歯車マーク)設定 > 全般 > システム起動時に起動する

インポート/エクスポート

作ったプロファイルをエクスポートしたり、逆に他人の作った物のインポートもできる。

プロファイルのインポート・エクスポート

コルセア公式でもライブラリを公開しているので、参考にしてみよう。

スポンサーリンク

ダッシュボード

ダッシュボード

「ダッシュボード」では、各PCパーツの温度や使用状況がモニタリングできる。

ダッシュボードの使い方

ダッシュボード

左上のタブから「ダッシュボード」に移動。

ダッシュボードの追加

何も表示されていない場合は、右上の+マークから有効化する。

ダッシュボードのカスタマイズ

必要なものをオンにして適用。

ダッシュボード

各パーツ温度や使用状況、ファン回転数などの推移が見れる。

シンプルな画面が見やすく、サブモニターでのモニタリングにも最適だ。

デバイスが認識しない時の対処法

✔CORSAIR製コントローラー経由で接続する

自作PC制作当初、コルセアのRGBコントローラーである「Commander CORE」「Lighting Node CORE」を経由せずに、ファンを接続していた。

マザーボードの端子に直接繋がずに、コントローラーを経由することで、WindowsがUSBデバイスとして認識する。

コルセア製パーツの配線方法については、以下の記事で詳しく解説している。

なお、筆者の環境では、スリープ解除後まれに電源ユニットのLEDが点灯しない。iCUEからも認識しておらず、何らかの不具合を抱えている。現時点で原因は不明で、初期不良などの個体差の可能性もある。システムを再起動すると直るが、根本的な解決には至っていない。

iCUEのメリット・デメリット

メリット

  • RGBツール随一の使いやすさ
  • 細かなカスタマイズ

RGBツール随一の使いやすさ

筆者はASRock「Polychrome Sync」、GIGABYTE「RGB Fusion 2.0」も使用中だが、ソフトウェアの完成度が一番良いと感じた。

他ツールでは起動までに時間がかかったり、光り方も何だかぎこちない場合も多い。対してCORSAIR「iCUE」は脳内イメージを的確に表現できる、といった感想だ。

細かなカスタマイズ

ここまで読んで頂いた皆様はもうお分かりだろう。かなり細かいところまで作り込みが可能。デザインセンスが求められる。

デメリット

  • 使用リソースが大きい
  • ダッシュボードレイアウトがリセットされる
  • 追加ファンの光り方が統一されない

使用リソースが大きい

タスクマネージャー

バックグラウンドでも常に2%程度のCPUリソースを消費する。高スペックなPCの場合特に問題にはならないが、少々”重すぎ”だと思う。

ダッシュボードレイアウトがリセットされる

前述の通り、ダッシュボードは非常に見やすいのだが、稀に並び順がリセットされてしまう現象が発生。恐らく、アップデートのタイミングだと思われる。並び替えが面倒…

追加ファンの光り方が統一されない

ラジエーター+ケースファン6基に加えて、1基のファンを搭載しているが、シーンによっては、流れるような演出にならない。Commander PROの購入や、もう少し設定を詰めることで解決できそうな気もするので、今後研究してみたい。

スポンサーリンク

まとめ

iCUE光り方イメージ

CORSAIRのRGB制御ソフト「iCUE」。

色々説明をしたが、基本的には”シーン”を使うのが良いだろう。

難易度は高めで、初見では辛い部分も多い。筆者も慣れるまでに時間が掛かったので、是非この記事を参考にしながら遊んでみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました