NBMiner 41.0「100%LHR解除」に対応!ダウンロード先と設定方法

パソコンの小ワザ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日のNiceHash QuickMinerに続き、「NBMiner 41.0」でもLHR(Lite Hash Rate)の完全回避が実現された。

これにより、制限を受けることなく、フルスピードでEthereumマイニングが行える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウンロード先

「NBMiner 41.0」は、公式サイトまたはGitHubからダウンロードできる。

設定手順

設定方法はいつも通り。

NBMinerでLHR制限を回避する方法
  • Step 1/4
    zipファイルを解凍

    ダウンロードしたzipファイルを解凍し、任意の場所に移動しておく。

  • Step 2/4
    batファイルを書く

    「start_eth.bat」または「start_eth_overclock.bat」を右クリックし、編集を選択。

    NBMiner 41.0

    マイニングプールで指定された情報を記述する。

  • Step 3/4
    nbminer.exeに管理者権限を付与

    LHR回避モードを使用するには、管理者権限が必要。

    NBMiner 41.0

    nbminer.exeのプロパティを開き、互換性タブから「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れる。

  • Step 4/4
    batファイルを起動

    以上で準備は完了!batファイルを始動させれば、マイニングが開始される。

    ”Enable LHR unlocker”の表記が出ていればOK。

スポンサーリンク

利益

マイニング制限解除後の収益性について検証する。

環境
  • RTX 3060(LHR v2)
  • 電気代単価…24円/kWh

LHR制限状態

まずは、LHR制限アリの状態。

NBMiner 41.0

ハッシュレートは、21MH/s程度、GPU単体の消費電力は約113Wで推移した。

73%解除

次は、以前のバージョン「NBMiner 40.1」を使用した値を見ていく。70%~74%程度での部分的LHR制限解除モードが実装されている。

NBMiner 41.0

131Wの消費電力に対して、30MH/s程度を示した。

100%解除

最後に今回の「100%完全解除」対応バージョンで採掘。

40MH/sと、期待通りの数値が出た。消費電力は143Wで最も効率が良い。

結果

結果をまとめると以下のようになる。利益の計算には、minerstatのツールを使用した。

制限状態73%解除100%解除100%解除
(OC済み)
ハッシュレート21MH/s30MH/s41MH/s45MH/s
消費電力
(システム全体)
215W225W240W240W
採掘額83円118円162円178円
電気代123円129円138円138円
利益-40円-11円24円39円
2022年5月9日時点の日間現在値

100%解除により、ギリギリ利益が出る水準であることが分かった。

また、オーバークロック用の設定を使用することで、収益性を更に改善できる。

スポンサーリンク

まとめ

”LHR版”グラボが市場に出回り始め、早1年。ついに、ドライバーに依存しない完全解除手法が登場した。

EthereumはPOS移行が予告されており、市場に与える影響は小さいと考えられる。少なくとも、昨年のような需要過多にはならないだろう。

コメント

  1. q より:

    NBMinerのサイト、消えましたね

タイトルとURLをコピーしました