Twitterのインプレッションを非表示にする方法

パソコンの小ワザ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、Twitterの投稿の左下に、インプレッション数(表示回数)が表示されるようになった。

この記事では、カスタムCSSを利用し「インプレッション数を非表示にする方法」を解説する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PC

準備

任意のCSSを追加できる拡張機能「Stylus」を、Chrome ウェブストアより追加しておく。

「Stylus」のFirefox版もある。

設定手順

手順
  • Step 1/4
    「Stylus」アイコンをクリック

    ChromeでTwitterにアクセスし、右上の「Stylus」アイコンをクリック。

  • Step 2/4
    スタイルの追加

    [次のスタイルを書く:] > [twitter.com]をクリック。

  • Step 3/4
    コードを書く
    a[aria-label*="ツイートアナリティクスを表示"] {
        display: none;
    }

    上記コードをコピー&ペーストして、保存する。

    設定はデフォルトでOK

    ツイートアナリティクスを表示という文字列を含む(*=)属性値aria-labelのあるaタグを、display:none;で非表示にしている。

  • Step 4/4
    完了!

    インプレッションの表示が消えていれば成功だ!

スポンサーリンク

スマホ

非rootのAndroid、および非脱獄のiOSでは、ネイティブアプリの要素を非表示にできない。

記事執筆時点で、インプレションが表示されないモバイル向けWeb版で代替する。”ホーム画面に追加”をすればPWAとして、アプリライクに使用可能だ。

Androidの手順

  1. Chrome等でTwitterにアクセス・ログインする
  2. 右上の三点リーダー(︙)
  3. ホーム画面に追加 > 追加

iOSの手順

  1. SafariでTwitterにアクセス・ログインする
  2. 共有ボタンを押す
  3. ホーム画面に追加 > 追加

なお、今後モバイル向けWeb版にインプレション表示が実装される可能性がある。その際は、以下で対処できると考えられる。

  • Android … Chrome拡張機能をインストールできる「Kiwi Browser」を使う
  • iOS … Safari上のCSSセレクタ非表示が可能な「AdFilter」を導入する(参考:Qiita)

コメント

タイトルとURLをコピーしました