Twitter Blueを日本から登録する方法-日本円での決済も可能

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イーロン・マスクによるTwitterの買収以降、何かと話題の有料サービス「Twitter Blue」。

認証バッジがお金で買える「新しいTwitter Blue」の提供が開始されているが、記事執筆時点においては、一部地域でのiOS限定となっている。

この記事では、米国のApple IDを使い、日本国内から登録する方法をメモしておく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前準備・必要なもの

  • Apple IDの海外アカウント
  • VPN
  • 支払い方法(クレジット/デビットカード or Appleアカウント残高)

米国のApple IDの取得方法

日本のApple IDではTwitter Blueに登録できないため、対象国のアカウントを作成する必要がある。

米国のApple IDを作成

Apple IDの作成ページに移動し、アメリカ合衆国リージョンを選択。

筆者が以前、海外のApple IDを登録した際は電話番号が不要だったが、現在は必須となっている模様。国コード(+1)から始まる米国の電話番号は、「Nextplus」などのVoIPサービスで取得可能だ。

支払い登録(できなければスキップ)

お支払い方法

続いて支払い方法を登録するが、ここで弾かれてしまうケースも多い。海外発行のクレジット・デビットカードか、「Revolut」などのマルチカレンシー対応のカードが必要。住所は貸オフィス等の適当入力でも通る。

エラーが出る場合は、日本円での決済も可能なので(後述)無理に登録する必要はない。

スポンサーリンク

Twitter Blueの登録手順

Apple IDの準備ができたら、Twitter Blueを登録していく。おおまかな手順は以下の通り。

  1. VPNでアメリカに繋ぐ
  2. 米国のApple IDにサインイン
  3. Twitter Blue登録ページに行く
  4. 決済する
Twitter Blueを日本から登録する方法
  • Step 1/5
    VPNでアメリカに繋ぐ

    米国のVPNサーバーに接続できるものであれば何でもOK。返金保証のあるNordVPNがおすすめ。

  • Step 2/5
    米国のApple IDにサインイン

    App Storeのアプリを開き、アカウントを開く。

    一番下までスクロールし、現在のApple IDからサインアウト。

    続いて、作成した米国のApple IDにサインインする。

  • Step 3/5
    Twitter Blueの登録画面に行く

    登録画面はこちら。そのまま”Twitter Appで開く”を選択する。

  • Step 4/5
    決済する
    月額7.99ドル

    支払い方法を登録済の方は、そのまま決済する。エラーが出る場合は、一旦App Storeに戻り、日本のApple IDで再度サインインする。

    Subscribe

    その後、”Subscribe”を押すと、日本円での決済画面が出現する。普段使用しているApple IDに登録している支払い方法が適用される(カードまたはAppleアカウント残高)。

    なお、日本版は900円/月なので、現在の為替レートだとドル建てより若干おトク。

  • Step 5/5
    完了!
    Twitter Blueへようこそ!

    無事、Twitter Blueに登録できた。

    なお、通常のサブスクリプションと同様の手順でApp Storeから解約可能だ。

iOSアプリ以外に「新しい Twitter Blue」がロールアウトされれば、VPNの接続のみでブラウザから登録できるようになるはずだ(以前はそうだった)。

Twitter Blue
ずいぶんと値上げされた(画像:旧Twitter Blue)

いち早く新機能を試したい方は、是非お試しあれ。

コメント

  1. ここ より:

    「ご感心をお寄せいただきありがとうございます。お住まいの国では、今後Twitter Blueがご利用可能になる予定です。しばらくしてからもう一度ご確認ください。」とエラーが表示され先に進めません・・・。

タイトルとURLをコピーしました