Galaxy S22 Ultra実機レビュー!One UI 4が素晴らしい【開封】

Galaxy S22 UltraAndroid
スポンサーリンク

日本発売が期待される「Galaxy S22 Ultra」韓国版が到着!収納できるSペンや話題のカメラ性能を開封レビュー。

PC人間
PC人間

Samsungの本気!最上位フラッグシップの実力を徹底チェックします!

※技適について(プライバシーポリシー/免責事項)

スポンサーリンク

韓国版を先行入手!

レビューするスマホ
  • Galaxy S22 Ultra 韓国版
  • 型番:SM-S908N
  • Snapdragon 8 Gen 1搭載
  • 発売日:2021年2月25日

今回は、韓国や香港に強い仕入れルートを持つ、ガジェットバイヤーの「さずぞう氏(@gdgdshop)」経由で購入した。256GBモデルが税込162,580円。

なにやらSamsungと繋がりがあるらしく、発売前にフライング入手できた。

「Galaxy S22 Ultra」のスペック

まずは「Galaxy S22 Ultra」のスペック表を確認する。

CPU(SoC)Snapdragon 8 Gen 1/
Exynos 2200
メモリ(RAM)8/12GB
ストレージ128,256,512GB,1TB
寸法77.9×163.3×8.9mm
重量229g
ディスプレイ6.8インチ QHD+ 1440×3088
リフレッシュレート:1~120Hz可変
タッチサンプリングレート:240Hz
1,750nits
背面カメラ標準(広角):108MP,F1.8,85˚
超広角:12MP,F2.2,120˚
3倍望遠:10MP,F2.5,36˚
10倍望遠:10MP,F4.9,11˚
前面カメラ40MP,F2.2,80˚
バッテリー5,000mAh,45W有線,15W無線,4.5W無線逆充電
通信対応バンド:調査中
発売日2022年2月25日
その他IP68防水防塵,超音波画面内指紋認証
出典:SAMSUNG MOBILE PRESS

Galaxy S22 Ultraは「Snapdragon 8 Gen 1」または「Exynos 2200」を搭載したハイエンドスマホだ。1Hz~120Hzの可変式リフレッシュレートなど、最近のトレンドをしっかりと抑えている。

カメラ構成に大きな変化はないが、AIによる画像処理性能向上が謳われている。

前年モデル「Galaxy S21 Ultra」と比較して、充電速度が25W→45Wに進化した点も嬉しいところ。

PC人間
PC人間

名称から”5G”が消えたのが個人的に好きです。5Gもいよいよ標準ですね。

開封

パッケージ

Galaxy S22 Ultra箱
相変わらず薄い箱

グリーンの256GBモデルを購入した。Sの文字が緑になっている。

付属品

Galaxy S22 Ultra 付属品

同梱物は、本体・ケーブル・SIMピン・説明書類、以上!充電器はなし。

本体

Galaxy S22 Ultra
醸し出される高級感

手にとった第一印象は「結構重い」。

Galaxy S22 Ultra

下部にはSペンが収納されている。

スポンサーリンク

外装・デザイン

Galaxy S22 Ultra グリーン
写真で見るよりずっと良い

青みがかった緑がすごく好み。美しいiPhone 11 Proのグリーンと比べて、少し寒色寄り。

Galaxy S22 Ultra
フレームの指紋は目立たない

外装は、Galaxy Noteを踏襲した角張ったデザイン。

Galaxy S22 Ultra

カメラの土台がなくなり、それぞれが独立している。突起は1.7mm程度で、「Galaxy Note20 Ultra」よりも幾らか軽減されている。

底面のSIMスロット付近に穴が2つあり、間違えてSIMピンを刺してしまいそう。(スロットの内側が正解。)

重量

Galaxy S22 Ultra 重さ
やっぱり重い

重量は公称値より1g軽い228g。最強カメラとSペンを投入してこの重さは、頑張ってはいると思う。

起動

起動すると、見慣れたOne UIホーム画面に到着。

Galaxy S22 Ultra 画面

アプリや設定を丸ごと移行できる「Smart Switch」が大変便利だ。

スポンサーリンク

ディスプレイ

Galaxy S22 Ultra ディスプレイ

ゆるやかなエッジディスプレイを採用。画面輝度は業界最高の1750ニト!尋常じゃない明るさで、直射日光下でも見やすい。

爆速指紋認証

画面内指紋認証センサーは超音波式の「Qualcomm 3D Sonic Sensor Gen 2」を採用。前作「Galaxy S21 Ultra」と同じだが、相変わらず爆速。

もちろん顔認証も使える。

ベンチマーク

続いて「Galaxy S22 Ultra」のベンチマークスコアを計測する。

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark V9.2.9で測定した。

Galaxy S22 Ultra AnTuTu Benchmark

総合スコアは897944点。「Snapdragon 8 Gen 1」搭載機としては低めの数値だ。

実行中は温度が7℃上昇し、バッテリーは6%消費した。同SoCを搭載する「realme GT 2 Pro」に比べ、背面がより熱く感じた。

S22 UltraZ Fold3realme GT 2 Pro
総合8979447783821004793
CPU216650209554236860
GPU366536270676428261
MEM160787140579169030
UX153971157573170642

Snapdragon 888搭載の「Galaxy Z Fold 3」から、GPUスコアが大幅に向上していることが分かる。

Storage Test

ストレージの読み書き速度を計測する「Storage Test」も実施。

Galaxy S22 Ultra AnTuTu Benchmark Storage Test

結果は63854点。UFS3.1として、標準的な数値だ。

GeekBench 5

GeekBench 5での測定結果は以下の通りだ。

S22 UltraZ Fold3realme GT 2 Pro
CPU(シングル)122610721253
CPU(マルチ)334332583520
Compute<OpenCL>625845857505
Compute<Vulkan>606046196015

こちらも順当な進化といったところ。

S Pen

「Galaxy S22 Ultra」は、Noteユーザー待望の内蔵型Sペンを搭載。

Galaxy S22 Ultra S Pen

今回のSペンは、レイテンシが従来の9msから2.8msに改善されている他、AIによる座標予測により体験を向上させている。

「Galaxy Z Fold3」+「S Pen Fold Edition」の組み合わせと比較すると、遅延が減っていることが分かる。実使用においても、書き心地のリアルさが向上したと感じた。

日本語もOK 文字認識

日本語文字認識も健在。テキストボックスなどでも機能するので、本当に便利。

また、Samsung Notes(Galaxy Notes)で作成したノートは、OneNote経由でパソコンに同期できる。

スポンサーリンク

カメラ

それでは、お待ちかねのカメラ性能を見ていく。

Galaxy S22 Ultra カメラスペック
標準(広角)108MPS5KHM3F1.885˚
超広角12MPIMX563F2.2120˚
3倍望遠10MPIMX754F2.536˚
10倍望遠10MPIMX754F4.911˚
インカメラ40MPS5KGH1F2.280˚
出典:SAMSUNG MOBILE PRESS,Device Info HW

今作は、ハードウェアの進化こそ少ないものの、ソフトウェア補正が大幅に強化されているとの噂。

望遠がすごい

まずは、超広角の作例から。

Galaxy S22 Ultra 超広角
0.6x

標準

Galaxy S22 Ultra カメラ
1x

3倍。

Galaxy S22 Ultra 3倍 カメラ
3x

10倍ペリスコープ。

Galaxy S22 Ultra 10倍 カメラ
10x

20倍デジタルズーム。

Galaxy S22 Ultra 20倍 カメラ
20x

30倍。

Galaxy S22 Ultra 30倍 カメラ
30x

最大100倍!

Galaxy S22 Ultra 100倍 カメラ
100x

高倍率ズームかなり実用的!特に20倍くらいまでは、かなり鮮明に写っている。

夜間

では、夜景・暗所での撮影はどうだろうか。いずれも、手持ちナイトモードだ。

Galaxy S22 Ultra 夜景
標準(広角)

奥の看板が若干白飛びしているのが気になるが、総じて良好。空の色も好き。

Galaxy S22 Ultra 夜景 超広角
超広角

超広角カメラでは露光時間が長くなり、手ブレによって標識の文字が潰れてしまった。

Galaxy S22 Ultra 夜景 望遠 3倍
3x

ナイトモードでも望遠カメラを使える。先程よりも文字がくっきりと出ている。

Galaxy S22 Ultra 夜景 望遠 10倍
10x

最後に10倍ペリスコープでの作例。補正感は強いが、使えないことはない。

気になった点としては、撮影中にフォーカスが合いづらい場面に何度か遭遇したこと。寒さの影響も考えられるため、もう少し様子見したい。

シャッター音は無効化できる

韓国版・日本版は、デフォルトでシャッター音が鳴動する。過去Galaxyと同様に、システム系の変数を設定するアプリ「SetEdit」を用いて無音化できる。

手順
  1. SetEditをダウンロード・インストール
  2. csc_pref_camera_forced_shuttersound_keyをタップ
  3. Edit Value 1→0に変更

Bixby Routinesで、カメラアプリ起動時に自動ミュートにすれば完璧だ。

ただし、アップデート後は再設定する必要あり。

スポンサーリンク

One UI 4.1が素晴らしい

Galaxy最大の魅力は、搭載OS「One UI 4.1」にあると思う。

One UIの良いところ
  • 明るさを更に下げられる
  • 横スワイプでアプリを切り替え
  • 全画面表示をアプリ毎に設定可能

「Galaxy S22 Ultra」を1日使って感じた、OSの良いところはこんな感じ。

明るさを更に下げられる

夜の暗い部屋の中で、もっと輝度を下げたいな…と思う場面は無いだろうか。One UIには、そんな時に便利な「明るさをさらに下げる」設定ができる。

明るさをさらに下げる
コントロールパネルにトグルを設置できる

最大1750ニトの超明るいディスプレイを搭載しているだけではない、こうしたユーザーへの配慮が素晴らしい。

ヒントが非表示のときにアプリを切り替え

ヒントが非表示のときにアプリを切り替え

最近のAndroidでは、iOS風のナビゲーションジェスチャーが標準。ジェスチャーのヒント(下のバー)を非表示にできる機種は多数存在するが、同時に横スワイプでのアプリ移動ができなくなる場合が多い。

One UI 4.1では、「ヒントが非表示のときにアプリを切り替え」をオン,オフできる。

全画面表示をアプリ毎に設定可能

カメラ領域を隠す

全面のパンチホールカメラを隠す設定も可能。アプリごとに変更できるので、必要に応じて使い分けよう。

「One UI 4.1」は、Androidでも屈指のUXとカスタマイズ性を誇る。Galaxyが世界中から好まれる理由は、こうしたユーザーへの配慮があるからだろう。

日本発売日・価格

記事執筆時点で、国内の発売日や価格は不明。例年どおりであれば、4~5月頃に発表され、価格は16万円前後と予測される。

4/7追記:国内正式発表!

docomo、auで取り扱いとのこと。税込価格は各183,744円、178,820円だ。

「Galaxy S22 Ultra」の購入方法

Galaxy S22 Ultra

「Galaxy S22 Ultra」の海外モデルは、各種通販サイトで入手できる

Expansys

海外通販サイト「Expansys」では、Snapdragon 8 Gen 1を搭載した香港モデルを販売中。

Expansysは2021年より税込価格表示に統一され、輸入消費税/関税の支払いが不要となった。Fedexやヤマト運輸の高速配送が利用可能で、納期が速いイメージだ。

「S22無印」「S22+」もあります!

Etoren

海外通販サイト「Etoren(イートレン)」では、限定カラー「Sky Blue,Red,Graphite」を含む7色を取扱中。

Etorenは、税込表示で配達時の税金(関税/輸入消費税)支払いが不要。1年間の製品保証が付帯している他、有償の運送保険に加入できるため、高額品でも安心して利用できる。

アフターサポートが優秀!

まとめ

Galaxy S22 Ultra

Sシリーズとしては初めて収納式Sペンを採用した「Galaxy S22 Ultra」。

やはり「安定のGalaxy」というのが開封後数日の感想。ディスプレイ,カメラ,OSなど、あらゆる方面の完成度が高く、自信を持っておすすめできる端末だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました