【OnePlus】QUALCOMM CrashDump Modeから復旧-MSM Download Tool,Param Preloadで止まる

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページの訪問者の多くは、ROM焼きに失敗して文鎮化した方だろう。

「OnePlus 7T Pro」で”QUALCOMM CrashDump Mode”から復旧できたので、手順を記しておく。MSM Download Toolの使い方、Param Preloadで止まる…などのトラブル対処法も掲載。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

症状

QUALCOMM CrashDump Mode

「QUALCOMM CrashDump Mode」と表示され、起動できない。

リカバリやFastbootさえ立ち上がらなくなってしまった。

原因

Android 11から10へのダウングレードをしようとした際、新しいROMのzipファイルを本体に書き込む前に、TWRPでWipe・再起動してしまった。

スポンサーリンク

仮文鎮化からの復旧手順

「MSM Download Tool」を使用することで、新しいROMを書き込める。OSのダウングレードやブートローダーの強制再ロックも可能だ。当然ながら全てのデータが消去される。

  1. テストモードに入るbcdedit /set TESTSIGNING ON
  2. 必要なファイルをダウンロード
  3. MSM Download Toolを開く
  4. Login Type “Other”を選択
  5. 電源を切る[音量下+音量上+電源ボタン]長押し
  6. EDLモードに入る[電源上+電源下]を長押し
  7. ドライバーをダウンロード
  8. Target→TMOに変更
  9. Start
  10. 完了
MSM Download Toolの使い方
  • Step 1
    テストモードに入る

    未署名のドライバーを許可するため、Windowsをテストモードで起動する。

    コマンドプロンプトを管理者権限で開き、以下のコマンドを実行。
    bcdedit /set TESTSIGNING ON
    Shiftキーを押しながら再起動し”続行”を選択。

  • Step 2
    必要なファイルをダウンロード

    緊急ROM焼きツール「MSM Download Tool」とROMファイルが同梱されたファイルをダウンロードする。

    基本的には、機種に適合したツールを使う。地域(グローバル、インド、北米)も要チェック。

    XDAで『<機種名> Unbrick Tool』などと検索すると出てくる。

    OnePlus 7T Pro(McLaren,T-Mobile版)の場合は、こちらを用いて成功した。

  • Step 3
    MSM Download Toolを開く

    ダウンロードしたZipを解凍し、管理者権限で「MsmDownloadTool Vx.x.exe」を開く。

  • Step 4
    Login Type “Other”を選択
    Login Type "Other"

    ログイン画面が現れたら、”Other”を選択する。

  • Step 5
    [音量下+音量上+電源ボタン]同時長押しで電源を切る

    端末の電源を切る。QUALCOMM CrashDump Modeの表示がある場合は、[音量下+音量上+電源ボタン]同時長押し。

  • Step 6
    EDLモードに入る

    OnePlusロゴやFastbootロゴが一瞬現れたら、即座に[電源上+電源下]を長押しすると、EDLモード(Emergency Download Mode)に移行できる。

    タイミングが結構シビアなので、何度でも挑戦しよう。

    リカバリやFastbootが起動できる場合には、[adb reboot edl]または[fastboot oem edl]でEDLモードに入れる。OSのダウングレード目的等の場合はこっち。

    デバイス マネージャー上で、Qualcomm HS-USB QDloader 9008が一覧にあれば、正常にEDLモードに突入している。端末側には何も表示されない。

    Qualcomm HS-USB QDloader 9008

    「Qualcomm HS-USB QDloader 900E」や、「QUSB_BULK_CID_SN:xxxxxxx」と表示される場合には、次の手順を試行する。

  • Step 7
    ドライバーをダウンロード
    1. Qualcomm HS-USB QDloader 9008 driverをダウンロード
    2. デバイスマネージャで「QUSB…」を右クリック > ドライバの更新 > コンピュータを参照
    3. ダウンロードしたドライバーを選択する
  • Step 8
    Target→TMOに変更
    Msm Download Tool
    Sha256 checkをオフにすると、不適合のROMを無理矢理焼けるらしい

    左上のTargetをTMOに変更する。仕向によってはO2,Indiaを指定。

    Status of Connectionが”Connected”になっていれば、準備完了。N/AとConnectedを繰り返している場合は、次項(トラブル)を参照。

  • Step 9
    Start

    Startを押して、ROM焼きを開始する。

    Msm Download Tool

    3~4分程度待機。

    ”Param Preload”で止まってしまう時の対処法は後述

  • Step 10
    完了
    Msm Download Tool

    Download Completeと表示されれば、無事成功!デバイスが起動する。

    OnePlus 7T Pro
    Andoroid 11→10にダウングレード

    お疲れ様でした。

トラブル

作業中、以下のトラブルに遭遇した。エラーの多くは、ドライバー関連の不適合が原因のようだ。

  • 一瞬Connectedになる
  • Param Preloadで止まる

一瞬、Connectedになるが、すぐに接続解除されN/A表記になってしまう。また、起動試行を繰り返し、QUALCOMM CrashDump Modeに戻る。

やっとデバイスを認識して、スタートを押しても、Param Preloadから進まなくなる現象が起きた。

動作したツール

動作したドライバー
https://droidfilehost.com/download/download-qualcomm-hs-usb-qdloader-9008-driver-for-windows-64-bit/

使用したMSM Download Tool
https://drive.google.com/file/d/1bRIUXXkA4d6Uyfrjk5JB1UiFOF8TNs4a/view

OnePlus 7T Pro(McLaren,T-Mobile版)の場合は、これらのツールを使用することで、問題なく動作した。

ドライバーを再インストール

デバイスマネージャーからドライバーを再インストールする。「Qualcomm HS-USB QDloader 9008」を右クリック→デバイスのアンインストール

「QUSB_BULK_CID_SN:xxxxxxx」を右クリック > ドライバの更新 > コンピュータを参照。ダウンロードしたドライバーを適用。

設定 > Windows Update > 詳細オプション > オプションの更新プログラム > ドライバー更新プログラム > Qualcomm関連をアップデート

その他の確認ポイント

  • USB2.0ポートに接続
  • 純正ケーブルを使用
  • Intel系のPCを使う
スポンサーリンク

まとめ

「QUALCOMM CrashDump Mode」から無事復旧できた。動作するドライバーを探すのに、結構苦労した。

今回は「OnePlus 7T Pro」を用いたが、他のOnePlus端末でもSnapdragon搭載機であれば同様の手順で解決できるはずだ。

参考リンク:ガジェタン,XDA

Androidスマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトをシェアしませんか?
↓PC人間(@pcningen)をフォロー↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC人間

コメント

タイトルとURLをコピーしました