話題沸騰「iPhone 12 1円」に飛びつくべきではない

iPhone 12 1円iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事の内容は、記事執筆または更新時点のものです。
最新の「セール・特価情報」はこちらをご覧ください!

2022年3月初めの週末(3/5~3/6)は「iPhone 12 無印」の”一括1円”販売が各地で目撃され、Twitterなどでも話題となった。

「iPhone 12 一括1円」が本当におトクなのか、買い時なのか、今一度考えてみる。

最新「iPhone 14」の値引きキタ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

一括1円

iPhone 12 1円
画像:都内ヤマダ電機

他社からの乗り換え(MNP)で回線契約した場合、「iPhone 12」64GBが本体一括1円となる。22歳以下は新規契約も可。

返却プログラムに加入する「レンタル方式」とは異なり、真の1円だ。

画像はauのものだが、ドコモやSoftBankでも同様の施策が行われていた。また、ビックカメラやコジマ、ヨドバシカメラでも広く展開されているようだ。

PC人間
PC人間

店頭掲示が無い場合でも、販売員に聞くと出てきたりします。

新規11,001円

23歳以上のMNPを伴わない通常新規でも、11,001円となる。

端末のみ22,001円

機種単体の一括購入でも「29,404円+43,080円引き」が適用可能。22,001円を支払うだけで、iPhone 12が手に入ってしまう。

ちなみに、Apple公式ストアでは64GBが69,800円で販売されており、47,799円おトクな計算だ。

128GBは?

ビックカメラのSoftBankでは、iPhone 12 128GBモデルが一括5,040円。一部店舗では、実用的な大容量モデルも特価対象だ。

スポンサーリンク

注意点

契約事務手数料

回線契約を伴う場合、契約事務手数料2,200~3,300円程度が発生する。端末のみ(移動機物品販売)の場合は不要。

カラバリが少ない

販売担当者に聞いた話だと、入荷されるのはブラックとホワイトのみとのこと。グリーンやパープルの取扱いは無いらしい。

買い時なのか?

個人的には「iPhone 12 64GB 1円」に飛びつくべきではないと思う。月末に向けて値引きがさらに強化される可能性があるためだ。

筆者の観測範囲内におけるiPhone 12 64GBの価格推移を見ていこう。

一括(端末のみ)一括(MNP)レンタル方式
2月19日38,223円(実質)23円+30,000ポイント
2月26日31,800円9,800円
2月27日24,200円2,200円
3月5日22,001円1円
※2/19はポイント込実質価格

わずか3週間足らずで、実質価格が16,000円以上値下がりしていることが分かる。

また、昨年秋に「iPhone 12 mini」から始まった投げ売りも、「13 無印」にまで拡大している。

※MNP一括

これらを見ていると、「iPhone 13 無印」も一括特価になるのでは?128GBも1円になるのでは?と思えてくるだろう。

3月末は、新生活準備シーズンでいわば繁忙期。さらなる施策強化が期待できるため、「もう少し様子見」という選択が賢明だろう。

とはいえ、欲しい時が買い時。来週には投げ売り終了!なんてことあるかも…

純利用目的でない場合

ただし、携帯を買うと満足してすぐに売却したくなる方や、携帯を買うために携帯を買うような人は飛びついて良いと思う。在庫争奪戦へGo。

スポンサーリンク

まとめ

iPhone 12
ゲットしました!

3月5日は「iPhone 12 64GB」が一括1円。

どこまで価格が下がるか、13シリーズの追加はあるのか、月末に向けての動向に注目したい。

新着記事一覧!
最新「iPhone 14」の値引きキタ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました