2022年に「OnePlus 7」「OnePlus 7T Pro McLaren」を購入した

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年に入り、筆者は「OnePlus 7」「OnePlus 7T Pro McLaren」の2台を購入した。

本記事では、2台の型落ち端末を入手するに至った経緯について書く。

※技適について(プライバシーポリシー/免責事項)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OnePlus 7T Pro McLarenを購入

OnePlus 7T Pro 5G McLaren

「OnePlus 7T Pro 5G McLaren」は、中国のスマホメーカー「OnePlus」から、2019年11月に発売された端末だ。

OnePlus 7T Pro

SoCにはSnapdragon 855+を搭載し、WQHD+かつ90Hzのディスプレイ、ポップアップ式インカメラが特徴。

  • 背面デザインが好み
  • ポップアップカメラに惹かれた
  • OxygenOS 10を再体験したい

この辺りが筆者の購入動機となる。

OxygenOS 10が良い!

入手にあたり、OSアップデートがされていない「Android 10」のままの個体を探すことに苦労した。

色々と探した結果、秋葉原の「じゃんぱら」に在庫があることが判明。店頭でOSバージョンを確認後にそのまま購入した。

スポンサーリンク

T-Mobile版はBootloader Unlockに一手間かかる

さて、OnePlusの魅力の一つとして「カスタマイズ性の高さ」が挙げられるだろう。OSレベルでの制約が少ないことから、カスタムROMの導入に使われることも多い。

ひとまずroot権限を取得するため、Bootloader Unlockをしようとするが、何故かできない。

調べてみると、今回入手した端末は「T-Mobile向け」であり、Bootloader Unlockには申請が必要であることが分かった。

Bootloader Unlock手順は別の記事で解説しているので、気になる方はアクセスしていただきたい。

root化

Bootloader Unlockが終わり、root化を行った。

OnePlus端末をroot化する方法をメモしておく。

予め、PCにADB環境を構築しておく。また、端末をブートローダーアンロックする。

関連記事:T-Mobile版OnePlusのBootloader Unlock方法

手順
  1. ROMを用意(同バージョンが推奨)
  2. payload_dumperをダウンロード
  3. ROMのフォルダ内にある「payload.bin」をコピー
  4. payload_dumperの「payload_input」に貼り付け、payload_dumper.exeを実行
  5. 「payload_output」にあるboot.imgを端末に転送
  6. 端末側で開発者向けオプションをオン
  7. OEMロック解除・高度な再起動・USBデバッグをオン
  8. Fastbootモードを起動(電源長押し→ブートローダ)
  9. Magisk.apkをダウンロード&インストール
  10. Magiskを開き、Install > Select and Patch a File > Boot.imgを選択 >LET’S GO
  11. Downloadフォルダ内に生成される「magisk_patched-xxxxx_xxxxx.img」をPC(adb作業フォルダ)に転送
  12. コマンドプロンプトを管理者権限で開き、cd <作業フォルダ>で移動
  13. 端末側でFastbootモードを起動
  14. fastboot boot magisk_patched-xxxxx_xxxxx.img
  15. 起動確認&ルートチェックが完了したら、再びFastbootモードを起動
  16. fastboot flash boot_a magisk_patched-xxxxx_xxxxx.img
  17. fastboot flash boot_b magisk_patched-xxxxx_xxxxx.img
  18. 完了!

インストール済みのバージョン”10.0.27.HD61CD”のROMが見つからず、”14.O.22_OTA_022″で代用した。(T-Mobile向けOnePlusは、ローカルアップデート項目が存在しない。)

そのためか、システム系アプリの動作が少々不安定。純正カメラアプリが頻繁にフリーズする他、Wi-Fiを有効化できない、ランチャーが固まるなどの症状が発生している。(TWRPとMagiskを焼く順番が違ったからかもしれない。)

最悪文鎮化する恐れもあるため、同一のバージョンを使用することを強く推奨する。

参考:TechiBee,XDA

これでようやく使う準備が整った。

アップデートされてしまった…

さて、やっと見つけた「Android 10」版の端末がアップデートされてしまっては、意味がない。アップデートを防ぐため、いくつかの手法を試みた。

  • 開発者向けオプション「自動システム アップデート」をオフ
  • 常に省電力モードで運用
  • SystemUpdateActivityを無効化

SystemUpdateActivityを無効化

USBデバッグをオンにして、以下のコマンドを順番に実行。※要ADB環境

adb shell
pm disable com.google.android.gms / .update.SystemUpdateActivity

設定画面から、「システム アップデート」が消え去っていることが分かる。

また、関連する以下のコマンドも実行しておいた。効果の程は不明。

pm disable com.google.android.gms / .update.SystemUpdateService
pm disable com.google.android.gms / .update.SystemUpdateService $ ActiveReceiver
pm disable com.google.android.gms / .update.SystemUpdateService $ Receiver
pm disable com.google.android.gms / .update.SystemUpdateService $ SecretCodeReceiver
pm disable com.google.android.gsf / .update .SystemUpdateActivity
pm disable com.google.android.gsf / .update.SystemUpdatePanoActivity
pm disable com.google.android.gsf / .update.SystemUpdateService
pm disable com.google.android.gsf / .update.SystemUpdateService $ Receiver
pm disable com.google.android.gsf / .update.SystemUpdateService $

参考:XDA

不安はありつつも、ここまでやればさすがにアップデートされないだろう…と思っていた。

しかし!

アップデートされだが??

いやー、面倒なことになった。聞いてる話と違う。

スポンサーリンク

今度は起動しなくなった

仕方が無いので、ダウングレードしよう。そう思い、TWRPからのROM焼きに挑戦。

が、手順を間違え、文鎮化!

復旧を試みるもなかなか上手くいかず。半ば諦めており「新しい端末買った方が早くね?」と思うようになった。

OnePlus 7を買った

様々な通販サイトでOnePlusスマホを探す中、フリマサイト「ラクマ」で、Android 10搭載の「OnePlus 7(無印)」を発見。注文した。

復旧できたんだよね

それでも、やっぱり(仮)文鎮化した手元の端末を諦めきれずに試行錯誤。

結果的には、復旧できた。同時にAndroid 10へのダウングレードにも成功した。

OnePlus 7が届く

注文していた「OnePlus 7」が到着。

OnePlus 7

こちらも、なかなか良い端末だ。

アップデートするか迷ったが、「1台はAndroid 11も置いておきたい」との結論に至り、結局OSを更新した。

その後、Bootloader Unlockとroot化を済ませ、少しの期間使用。

オフライン運用へ切り替え

OnePlus 7,7T Pro

同じ悲劇を繰り返えさないため、Wi-Fi・モバイルネットワークへの接続を一切しない、オフライン状態で両端末を保管することにした。

ネットワークが使えないのは惜しいが、致し方ない。それよりも「OxygenOS 10」「OxygenOS 11」を楽しみたいという思いの方が強いので。

スポンサーリンク

まとめ

OnePlus 8 Pro,7,7T Pro

筆者は「OnePlus 8 Pro」でOxygenOS 12を使用している。だが、当時のサクサク感、OSの完成度、何よりも楽しさがそこには無い。

フラッグシップシップキラーを経て、完全無欠のハイエンドの象徴であった「OnePlus」。廉価端末であるNordシリーズ投入以降、その魅力が薄れてしまったように感じる。

トップの離脱、OPPOへの事実上の統合など様々な要因は考えられるが、筆者にとって、もはやOnePlusは”刺さらない”メーカーに成り下がってしまったのだ。

(自分にとって)”良きOnePlus”をいつまでも手元に残しておきたい。そんな思いから、2台の端末を購入・オフライン運用するという結論に至った。

Androidスマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトをシェアしませんか?
↓PC人間(@pcningen)をフォロー↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC人間

コメント

タイトルとURLをコピーしました