Apple Watch対応!ワクチン接種証明書をウォレットに追加する方法

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年12月20日に配信開始された「新型コロナワクチン接種証明書」アプリ。iOS標準のウォレットにも追加可能だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手順

接種証明書を「ウォレット」に追加する
  • Step 1/6
    接種証明書を発行

    デジタル庁「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をインストールし、接種証明書を発行する(詳しい手順は割愛)。

  • Step 2/6
    証明書をタップ
    新型コロナウイルス感染症予防接種証明書
  • Step 3/6
    QRコードを保存
    QRコードを保存

    QRコードをスクリーンショット撮影するか、下部のアイコンからカメラロールに保存する。

  • Step 4/6
    QRコードの読み取り
    QRコードを読み取る

    iOS標準「カメラ」アプリでQRのコードを読み取る。ポップアップが表示されるので、タップする。

    使用言語”English”を追加し、「テキスト認識表示」をオンにすることで、保存した画像のQRコードを読み取りできる。

    設定 > 一般 > 言語 > テキスト認識表示

    設定を有効化後、スクリーンショットのQRコードを長押しし、ヘルスケアで開く。

  • Step 5/6
    ”ウォレット”と”ヘルスケア”に追加
    ”ウォレット”と”ヘルスケア”に追加します

    画面遷移するので、 ”ウォレットと”ヘルスケア”に追加する。

  • Step 6/6
    完了
    ワクチン接種カード

    「ウォレット」を開き、”ワクチン接種カード”パスが表示されていれば、成功だ。

なお、追加接種後は再度同じ手順を踏むことで、パスを追加できる。

Apple Watchにも対応

iPhone上でウォレットに追加すると、自動的にApple Watchでも利用可能になる。

ワクチン接種カード Apple Watch

”ワクチン接種カード”をタップすると、QRコードが表示される。

まとめ

今回は、配信開始に合わせ取り急ぎ投稿した。個人的には、アプリ内に「ウォレット」への追加導線があってもいいのにな…と感じた。

スポンサーリンク

関連リンク

iOSスマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトをシェアしませんか?
↓PC人間(@pcningen)をフォロー↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC人間

コメント

タイトルとURLをコピーしました