povoはデビットカード・口座振替に対応!みんなの銀行20%還元も開始!

povo2.0通信/SIM
スポンサーリンク

2021年9月29日よりサービス提供が開始された「povo2.0」。銀行口座を使ったデビットカードやプリペイドカードでの支払方法について解説する。

みんなの銀行「携帯電話料金のお支払いで毎月20%還元!」キャンペーンも開始した。

スポンサーリンク

povoはデビットカードで支払いできる

povo公式サイトには、支払い方法はクレジットカードのみとの記述がある。

しかしながら、一部のデビットカード・プリペイドカードでの支払いができた。また、「みんなの銀行」ではJCBデビットカードの携帯料金20%還元キャンペーンが開催され(後述)、「povo」が対象となる旨が明記されている。

povo2.0チャットの回答によると、デビットカードも利用できるとのこと。

Source:povo2.0プラン料金の支払いにデビットカードは使えますか?

サポートページでは”デビットカードが使えない”となっており、矛盾が生じている。

「プラン料金」の支払いにはNGで、トッピング購入などの都度課金はOKという解釈なのだろうか?詳細が判明次第、追記したい。

追記:筆者の環境では、みんなの銀行JCBデビットカードで、問題なく登録・本人確認が完了しました。

審査の所要時間は約5時間半でした。

利用できるデビット・プリペイドカード

povo2.0

筆者が独自に検証した結果は以下の通りだ。

・みんなの銀行デビットカード
・りそなデビットカード
Revolut
・Kyash
・6gram
・Visa LINE Payプリペイドカード
・メルペイ バーチャルカード
・TOYOTA Wallet
・LINE Payカード(JCB)

実際に、一部のデビット・プリペイドカードの登録ができた。みんなの銀行に関しては、都度課金トッピングの購入も行えた。

ネット上の声

これらは、Twitterで「使えた」との報告があるカード。

・ソニー銀行デビットカード
・PayPay銀行デビットカード
ソニー銀行デビットカード
PayPay銀行デビットカード
povo1.0

ネット上で”利用できた”との報告があるカードは以下の通りだ。

  • PayPay銀行Visaデビットカード
  • スルガ銀行VISAデビットカード
  • ANA JCBプリペイドカード

PayPay銀行Visaデビットカード

PayPay銀行の旧称は、ジャパンネット銀行である。

スルガ銀行VISAデビットカード

ANA JCBプリペイドカード

このようにブランドプリペイドカードでの支払いができる場合もある。KyashやTOYOTA Walletについても後日検証したい。

定期購入にも幅広く利用できる「Revolut」に関しては、登録はできるが決済が拒否されたとの情報も挙がっている。

なお、これらのレポートはいずれも「povo1.0」時のものであり、2.0においては変更される可能性があるため注意していただきたい。

povoにデビットカードを登録する方法

  1. 予め3Dセキュア(本人認証サービス)に登録しておく
  2. 申込時のクレジットカード情報欄に番号を入力
  3. 請求のタイミングまでに残高を入金する
povo1.0

※povo2.0では3Dセキュアを要求されません。

予め3Dセキュアに登録しておく

povoの契約には、3Dセキュア(本人認証サービス)に対応したカードが必要

決済または登録時にパスワードを入力するタイプのものが多いが、アプリやSMSを使った認証を行う場合もある。国際ブランドにより「Visa Secure」「Mastercard ID Check」「J/Secure」などの名称は様々である。

契約前に各カード会社のWebサイトやアプリから設定を行う必要がある。デビットカードが使えない、エラーが出る場合には、見直してみよう。

みんなの銀行の3Dセキュア登録方法

参考までに、「みんなの銀行」における3Dセキュア(J/Secure)パスワード設定手順を掲載する。

アプリ上で簡単に設定や変更が可能だ。

クレジットカード情報欄に番号を入力

申し込み画面または支払い方法変更時に、”クレジットカード情報”としてデビットカードの番号を入力すればOK。

請求のタイミングまでに残高を入金する

デビットカードの場合、決済実行時点で引き落としが行われるため、口座残高不足に注意したい。決済不可となった場合、請求書での支払いとなり手数料が発生する場合がある。

スポンサーリンク

povoで口座振替を利用する方法

※povo2.0では口座振替は利用できません。

povo1.0

契約時には、クレジットカード(デビットカード)の登録が必須だが、後から口座振替に変更することは可能だ。

My auから口座振替を選択できる。

みんなの銀行で携帯料金20%キャッシュバック

【公式発表】本キャンペーンは2021年10月1日(金)21時59分までに、対象通信事業者にデビットカードを支払い方法として設定完了した方のみ対象に変更されました。

Source:みんなの銀行

2021年5月にサービス開始した「みんなの銀行」。「携帯電話料金のお支払いで毎月20%還元!」キャンペーンが開催される。

  • JCBデビットカードでの携帯料金支払いで20%キャッシュバック
  • 2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)※早期終了の可能性あり
    • 追記!重要!2021年10月1日(金)21時59分設定分までに変更
    • 対象者は、2022年3月利用分まで還元
  • 5,000円/月(25,000円支払い/月)まで
  • 決済の翌々月上旬に付与
  • 対象のキャリア
    • NTTドコモ(ahamo含む)
    • au(povo含む)
    • SoftBank(LINEMO含む)
    • UQ mobile

キャンペーン期間中に到達した売上が対象となり、現金キャッシュバックされる。Y!mobileや楽天モバイルは対象外。

なお、キャリア決済の代金については還元されない。

みんなの銀行開設で1000円貰える

「みんなの銀行」の口座をまだ持っていない方は、紹介コード「lfgWnVkJ」の入力で1,000円がプレゼントされる。口座開設は5分程度でき、書類の郵送などが一切不要のアプリ完結型の銀行だ。

  1. アプリをダウンロード
  2. 個人情報を入力
  3. 本人確認
  4. 紹介コード「lfgWnVkJ」を入力

本人確認が終了し、アプリにログインする際に入力画面が出現する。

lfgWnVkJ←コピー用テキスト

アプリのダウンロードはこちらから行える。

【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント
アプリをダウンロードし口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://app.adjust.com/3lusesw
紹介コード:lfgWnVkJ

※金額は変更になる可能性があります。詳細や適用条件は口座開設時の注意事項をご覧ください

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、povoの支払い方法について解説した。特にみんなの銀行については、公式に認められており、なおかつお得度も高いためおすすめしたい。

筆者も「みんなの銀行デビットカード」をフル活用してpovo2.0を楽しみたいと思う。

Image,Source:povo,みんなの銀行

コメント

タイトルとURLをコピーしました