ついに”1円”登場「iPhone 12 mini」投げ売り合戦加熱中!

iOS
スポンサーリンク
新着記事一覧!

家電量販店にて「iPhone 12 mini」値引き合戦が加熱している。先日の記事で、64GBが「23円」の施策を紹介したばかりだが、ついに128GB”返却1円”が登場した。引き続き一括2万円台も継続中。

「一括1円」は本当におトク?
スポンサーリンク

auが激アツ!

2021年12月はauに注目。

1円で2年間レンタル

25ヶ月目の端末返却で1円!

128GBを「1円」で販売中のau。MNP or 22歳以下新規 かつ 一定期間後に端末を回収する「スマホトクするプログラム」での購入が条件だ。

iPhone 12 mini 実質負担1円
画像:都内ビックカメラ系列店

端末「1円」のカラクリを解説する。

通常価格77,125円
端末値引き-21,999円
分割払い22,001円 →1円
残価33,125円

元値77,125円のiPhone 12 miniは「対象機種特典(-21,999円)」により55,126円に。25ヶ月目に端末を返却した場合、うち33,125円の支払いが免除される。

残った22,001円を24分割するが、各回に対して以下の値引きが設定されており、結果として負担額は1円となる。

分割代金値引金額負担額
初回969円-969円0円
2~23回956円×22回-956円×22回0円
24回956円-955円1円

つまり、実質的な2年間1円レンタルだ。

注意点

  • 月額料金が発生
  • 契約事務手数料3,300円
  • 破損の場合は22,000円

回線契約を伴うため当然、月額料金がかかる。例えば、ピタットプラン 5Gの場合、3,278円/月となる。加えて、契約事務手数料3,300円が別途必要。

また、故障・破損時に特典が受けられない場合や、22,000円の支払いを求められる可能性がある。「端末を返却する」というプログラムの性質上、保護ケース等は必須と言えるだろう。

なお、スマホトクするプログラム自体は回線契約がなくても加入できる。

128GBが一括33,125円

返却はちょっと、、という方は一括がおすすめ。

iPhone 12 mini 一括27,650円 33,125円
画像:都内ビックカメラ系列店

MNP or 22歳以下新規

MNP or 22歳以下新規で33,125円

22,000円の端末値引きは、一括払いの場合でも適用される。加えて、他社からの乗り換え(MNP)、または22歳以下の新規契約でさらに22,000円が引かれる。

こちらも別途契約事務手数料3,300円が発生。

端末のみもOK!

本体のみでも55,126円!

前述の通り、対象機種限定特典(-22,000円)は端末のみでも適用可能。64GBが49,650円128GBが55,125円となる。

ちなみに、Apple公式オンラインストアでは75,800円で販売されており、単純に2万円以上おトクな計算だ。即日SIMロック解除も可能で、モデルの違いは皆無といって良い。

auショップでも実施

10月より続く値引き競争は家電量販店を中心に行われているが、一部auショップでも実施中

iPhone 12 mini 128GB 実質負担額1円
画像:都内auショップ

先程の例とほぼ同じ条件。

狙っている方は、お近くのauショップもチェックしてみるのが良いだろう。

スポンサーリンク

SoftBankも負けてない

続いてSoftBank。最大割引適用で64GBが27,600円128GBが32,640円だ。

合計43,680円割引
先月とは少し変化あり

値引きの詳細は以下の通り。

64GB128GB
通常価格71,280円76,320円
端末値引き①-10,080円-10,080円
端末値引き②-11,600円-11,600円
回線値引き-22,000円-22,000円
最大割引適用27,600円32,640円
  • 端末値引き① … 5歳以上
  • 端末値引き② … すべて対象
  • 回線値引き
    • MNP+メリハリ無制限
    • MNP+スマホデビュープラン
    • 新規5~30歳

端末のみ … 49,600円(64GB)・54,640円(128GB)

月額料金はメリハリ無制限が4,928円~7,238円スマホデビュープランが990円~1,980円だ。詳細については、以前の記事にて解説している(該当箇所に直接ジャンプします)

PC人間
PC人間

ドコモは弾切れ?

NTTドコモにおいても同様の施策がある模様。以下Twitterの情報となる。

筆者が訪問した店舗では未実施で、先月のような23円,47円レンタルも無し。在庫切れも近いのかもしれない。

スポンサーリンク

まとめ

iPhone 12 mini

12月に入っても続く「iPhone 12 mini」の投げ売り。さらなる競争激化が見られる一方で、在庫状況変化の兆しを感じた。当ブログでは、今後も動向を注視したい。

2021年もあと少し。”今が買い”を探しに携帯コーナーに足を運んでは如何だろうか。

「一括1円」は本当におトク?

コメント

タイトルとURLをコピーしました