”一括”アリ!GWのiPhone特価情報まとめ【投げ売り】

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年より続く、iPhoneの投げ売り。家電量販店にて2022年ゴールデンウィークの施策実施を確認した。

2022年5月の最新情報!
楽天モバイル「0円廃止」!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone 12・SE3が投げ売り中

iPhone 投げ売り
画像:ヨドバシ-Akiba

ヨドバシカメラでは、「iPhone 12」「iPhone SE 第3世代」を中心に一括特価を展開中。他社からの乗り換えの他、表示価格+22,000円で端末単体での購入が可能だ。

スポンサーリンク

au

iPhone 投げ売り au

auの施策はこちら。「iPhone 12」64GBが、他社からの乗り換え(MNP)で一括24,800円、端末のみの購入で46,800円となる。

「iPhone SE 第3世代」64GBMNPで一括9,800円、機種単体31,800円。

docomo

iPhone 投げ売り docomo

NTTドコモは、MNPで「iPhone SE 第3世代」64GBが一括9,900円128GBが一括19,800円

「iPhone 12」に関しては「いつでもカエドキプログラム」への加入が前提で、負担額23円に加え、ヨドバシカメラのポイントが20,000円分付与される。こちらは、いわゆる「レンタル方式」で約2年後に機種本体の返却が必要だ。

「iPhone 12」を端末単体での購入する場合は、68,223円+20,000ポイントとなる。

SoftBank

iPhone 投げ売り SoftBank

SoftBankでは、「iPhone 12」64GBがMNPで一括24,800円「iPhone SE 第3世代」128GBは一括19,800円だ。

他社と同様に、+22,000円を支払うことで、通信契約を伴わない端末のみの購入ができる。

スポンサーリンク

まとめ

「一括1円」は無く、3月と比べると若干物足りなさを感じる。しかしながら、”かなりお得”である状況に変わりはない。

2022年のゴールデンウィークは、家電量販店に足を運んでみては如何だろうか。

楽天モバイル「0円廃止」!

コメント

タイトルとURLをコピーしました