Nothing Phone (1)のBootloader Unlock方法

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年8月19日に国内での正式販売を開始した「Nothing Phone (1)」。

カスタムの少ないAOSPライクな「Nothing OS」を搭載しており、容易にBootloader Unlockを行える。

Bootloader Unlockを行うと、すべてのデータが削除されます。また、端末の保証対象外となる場合があります。免責事項

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前準備

ADB・Fastbootコマンド実行環境が必要。

予め、SDK Platform-Toolsをダウンロード・解凍し、任意の場所に移動しておく。頻繁に使用しない場合は、パスを通さなくても良い。

スポンサーリンク

手順

Bootloader Unlockが完了すると、全てのデータが初期化されます。バックアップをお忘れなく。

Nothing Phone (1)のBootloader Unlock方法
  • Step 1/9
    開発者向けオプションをオン

    設定 > デバイス情報 > ソフトウェア情報 > ビルド番号を7回タップ

  • Step 2/9
    OEMロック解除・USBデバッグを有効化

    設定 > システム > 開発者向けオプション

    以下の2項目をオンにする。
    ・OEMロック解除
    ・USBデバッグ

  • Step 3/9
    Fastboot modeに入る

    電源を切り、[音量下]+[電源ボタン]の同時長押しでfastbootを起動。

  • Step 4/9
    コマンドプロンプトを管理者権限で開く

    ここからはPCでの作業だ。

    コマンドプロンプトまたはPowerShellを管理者権限で起動する。

    Nothing Phone (1) Bootloader Unlock
  • Step 5/9
    作業ディレクトリの移動

    cdコマンドでPlatform-Tools内のディレクトリに移動する。
    cd C:\<exsample>\<exsample>\platform-tools

    Nothing Phone (1) Bootloader Unlock
    cmdの起動

    該当フォルダをエクスプローラーで開き、アドレスバーにcmdと打ちEnterすると、直接コマンドプロンプトが起動する。

  • Step 6/9
    端末をPC繋ぐ

    端末をUSBケーブルでPCに接続する。

    以下のコマンドを入力し、接続確認を行う。
    fastboot devices

    Nothing Phone (1) Bootloader Unlock

    シリアルナンバーが表示されればOK。

  • Step 7/9
    Bootloader Unlockする

    fastboot flashing unlockと入力し、Enter。

    Nothing Phone (1) Bootloader Unlock
  • Step 8/9
    UNLOCK THE BOOTLOADERを選択

    端末側に警告が表示されるので、了承する。音量ボタンで移動、電源ボタンで確定できる。

    Nothing Phone (1) Bootloader Unlock
  • Step 9/9
    完了

    自動的に再起動がかかる。設定項目の「OEMロック解除」がグレーアウトしていれば成功だ。

雑感

特に制限もなく、簡単にBootloader Unlockできた。Nothing Phoneは、root化・ROM焼きがしやすい機種としての支持を獲得する可能性がある。

Carl Pei率いるNothingには、かつてのOnePlusのようなカスタマイズ性の高いスマホに期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました