話題の投げ売りが「iPhone 13 無印」に拡大! ドコモで1円レンタル開始か

iPhone 13iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着記事一覧!

当ブログで度々投稿しているiPhoneの特価情報。「iPhone 12 mini」や「iPhone 13 mini」が中心だったが、2022年に入り「iPhone 13 無印」にも波及している。

ビックカメラ系列店では「iPhone 13」が月々388円で投げ売りされていた。また、Twitter経由の情報によると、月々1円+12,000ポイントが付与されるケースがあるとのこと。

投げ売りがさらにパワーアップ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone 13(128GB)が月々388円

筆者が訪問した家電量販店では、30歳以下限定月々388円の2年間のレンタルが実施されていた。

iPhone 13 128GB 8,932円
都内ビックカメラ系列店(Docomo)

条件は、他社からの乗り換え(MNP)、かつ「いつでもカエドキプログラム」に加入すること。以前の記事に投稿したiPhone 13 miniと似たような内容だ。

通常価格111,672円
機種購入特典-25,300円
乗り換え特典-22,000円
分割払い(23回)8,932円(388円×23回)
残価(24回目,免除)55,440円

通常価格111,672円のiPhone 13は「機種購入特典(-25,300円)」「乗り換え特典(-22,000円)」により64,372円に。23ヶ月目に本体を返却した場合、残価として設定された55,440円の支払いが免除される。結果として、2年間の負担額は8,932円となる。

最新世代の「iPhone 13」が「月388円」で2年間レンタルできる!

期間は1月8日~11日とされている。ただし、過去の傾向では週末に割引が復活する可能性が高く、1月中旬以降の継続が期待できる。

端末のみでも25,300円引き

「機種購入特典(-25,300円)」は回線契約が無くても適用可能。端末単体86,372円で一括購入できる。

注意点

  • 契約事務手数料3,300円が必要
  • 月々の通信費には注意
  • 破損・紛失時に別途料金が発生する場合あり

今回の値引きはレンタルやリースに近く、一定期間後に端末を返却する必要が生じる。そのため、保護ケースやフィルム等での本体保護は必須と言えるだろう。

スポンサーリンク

月々1円+12,000ポイント付与?

Twitterの投稿によると、月々1円に加えて7,000~12,000ポイントが付与されるとの情報が複数ある。エディオン内のドコモにて、30歳限定で行われている模様。

これらに関しては筆者の観測範囲内では確認できず、詳細は不明。しかしながら、今までの傾向から考えるに、今後全国に広がり他キャリアも追随する可能性が高い。続報が入り次第追記する予定だ。

エディオンクーポン

エディオン クーポン

1月11日現在、エディオンアプリ会員限定で、5Gスマホ購入時に使える5,000円割引クーポンを抽選で配布中。先の値引きと併用できるかは不明だが、販売員に確認してみるのも良いだろう。

まとめ・2022年iPhone投げ売りの雑感

本記事では「iPhone 13 無印」の投げ売り情報についてまとめた。

最後に、以前より続く「iPhone 13 mini」についても軽く触れておく。

iPhone 13 miniも異変あり

最近では、256GBといった大容量モデルがセール対象となる例が見られるようになった。また、レンタルではなく一括での価格を訴求するケースも以前より増えたと感じている。

年末年始は「iPhone 12 mini」が9,800円など、スマホセールはかなりの盛り上がりを見せた。当ブログでは、今後もiPhoneの値引きについて取り扱う予定だ。

新着記事一覧!

コメント

タイトルとURLをコピーしました