「realme GT 2 Pro」3ヶ月目の感想-楽しい端末だがメイン機にはならない

Android
スポンサーリンク

Snapdragon 8 Gen 1を搭載した、期待のハイエンド「realme GT 2 Pro(中国版)」をレビューする。

※技適について(プライバシーポリシー/免責事項)

スポンサーリンク

「realme GT 2 Pro」の特徴

  • Snapdragon 8 Gen 1
  • IMX 766広角+150°超広角+40倍顕微鏡
  • 5000mAhバッテリー
  • 65W急速充電
  • 3,899元(約71,000円)~

「realme GT 2 Pro」は、2022年の最新SoC「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載したハイエンドスマホだ。150°の魚眼風カメラと、最大40倍の顕微鏡カメラが特徴的。

スペックの詳細は、開封編に掲載している。

3ヶ月使った感想

  • カメラは面白い
  • Dolby Atomos 音質が良い(イヤホン含)
  • Color OS(中国版)が苦手
  • 性能を活かしきれない

1月に購入してから、約3ヶ月が経過した。クセのある中華OSが苦手でメイン機にはなり得ない、というのが正直な感想だ。

スポンサーリンク

パフォーマンスは高い

realme GT 2 Proは、SoCに「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載しており、基本性能が非常に高い。加えて、巨大なVC冷却機構により安定してパフォーマンスを発揮できる。

AnTuTuベンチマーク

AnTuTuベンチマークでは、驚異の100万点超えスコアを叩き出した。

realme GT 2 ProGalaxy S22 Ultra
総合1004793897944
CPU236860216650
GPU428261366536
MEM169030160787
UX170642153971

同じSoCを搭載する「Galaxy S22 Ultra」と比較して、10%以上高い数値だ。特にGPU性能が大幅に向上しているため、ゲーム性能に期待できる。

はずだったのだが、、中華系OSに最適化されていないアプリが多く、快適とは言えなかった。

例えば、レーシングゲーム「アスファルト9」では、最大60FPSとなった。120HzのディスプレイやGPU性能も活かしきれないのが残念。

カメラ

150°の魚眼レンズや、40倍の顕微鏡が非常に楽しい。カメラ目的で購入するのは、個人的にアリだと思う。

作例や比較は、別の記事に投稿している。

バッテリー持ち

1日は余裕で耐える

バッテリー持ちは比較的良好。テザリングを有効にした状態で外出から帰宅まで十分に持つ。

スピーカー

Dolby Atmosに対応しており、音の広がりがとても良い。

驚いたのが、イヤホン使用時でもDolby Atmosの効果を感じられること。他端末と比べて、音楽や映像の視聴体験がクオリティが一段上だと思った。

スポンサーリンク

良い点・悪い点

Good
  • 面白いカメラ
  • 指紋認証が爆速
  • バッテリー持ちは良好
  • Dolby Atmos対応の音質
  • 実用的な65W急速充電
  • 独特の紙風デザイン
Bad
  • 横幅があり、持ちやすさ△
  • 自動起動が5個しか設定できない
  • バッテリー節約設定が複雑
  • 似たような設定項目が分散している
  • 色拡張系機能の対応アプリが少ない
  • niconicoやGoogleフォト等で、動画再生エラーが発生

高速な指紋認証など、ハードウェア面のクオリティーは非常に高い。

一方で、中華OSのクセに起因した悪い点が目立つ。一部のGoogle系アプリが正常に動作しないため、日常遣いで困る場面に遭遇した。

Color OS系特有のアニメーションがもっさりする感じが苦手…。ただ、3ヶ月使うことで慣れた。

購入先

「realme GT 2 Pro」は、海外通販サイト「AliExpress」で購入できる。

記事執筆時点の価格は8万円台後半。白・緑・黒の3色が用意されている。

まとめ

全体的な感想を再度述べると、やはり中華OSはダメだな…という印象。「realme GT 2 Pro」はグローバル版も発表されており、今後購入する方はそちらが良いだろう。

今後は、魚眼・顕微鏡カメラ専用機として運用する予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました