AIDA64を安く買う方法と代用ソフト5選【モニタリングの定番】

AIDA64Windows
スポンサーリンク

高機能なモニタリングソフト「AIDA64」。自作PCにおいて、ケース内のディスプレイで使用した。

しかしながら、高額かつ永久ライセンスがないことが一番のデメリットだ。

本記事では「AIDA64」を安く購入する方法と、代替ソフトを紹介する。

<AIDA64関連>

  1. センサーモニターの設置方法
  2. AIDA64を安く買う方法と代用ソフト(この記事)
  3. AIDA64の使い方を徹底解説
スポンサーリンク

AIDA64を安く買う方法

AIDA64には、30日間の無料のトライアル期間が用意されているので、まずは正常に動作するか試してみよう。無料版では一部の数値が表示されないといった機能制限がある。

AIDA64は

ドルで支払う

ことで安く購入できる。

「AIDA64 Extreme 3年ライセンス」の日本円での価格が12,133円であるのに対し、米ドルでは99.95ドルとなっている。

$99.95

1ドル≒110.17円の2021年7月21日時点で、実際に支払った金額は、11,012円だった。約9%お得になる計算だ。

購入手順

今回はスマホで操作を行ったが、パソコンでも問題ない。

また、VPN等を使用する必要はなく、日本からでも各通貨での決済が可能。

オンラインストアでの購入手続き

Buy Now

オンラインストアにアクセスし、「Buy Now」を押す。一般的な利用であれば、「AIDA64 Extreme」で良いだろう。

¥12,133
全ての通貨を確認したわけではないので、安い国を探してみよう。

プルダウンリストから「米ドル」を選択。3年ライセンスであれば、1年と比べて約33%割安になる。

今すぐ購入する

米ドルが選ばれていることを確認したら、「今すぐ購入する」を押す。

お支払い方法 PayPal

支払い方法を選ぶ。クレジットカード番号をそのまま入力しても良いが、安全性などを考慮すると、PayPalでの決済がおすすめ

PayPalサイトでの手順

PayPalのページに遷移する。

通貨オプションを表示

支払い元を選択し、「通貨オプションを表示」をクリック。

必ず「USD」を選ぶ。

日本円を選択してはいけない!
USDを選ぼう

誤って「JPY」を選択してしまうと、PayPal側が定めた、4%という高額な通貨換算手数料が加算される。

支払い元のカードは「Revolut」がおすすめ。(後述)

今すぐ支払う

金額と請求先のカードを確認したら、「今すぐ支払う」を押す。

決済が完了すると、再びAIDA64のサイトに遷移する。

メールにてプロダクトキーが送られるので、大切に保管しておこう。

ライセンス認証をする

AIDA64のソフトを起動する。

まだ入手していない方は以下のリンクからダウンロードできる。「AIDA64 Extreme」のZIPまたはexeファイルをダウンロードしよう。

「ヘルプ」から「プロダクトキーの入力」をする。

プロダクトキーを入力

届いたメールに記載の25ケタの英数字を入力。

License is valid

License is valid」と出れば正常だ。

OKをすれば、ライセンス認証され、全ての機能が開放される。

スポンサーリンク

Revolutとは?

さて、支払い元のカードとしておすすめなのが「Revolut」。

「Revolut」とはイギリス発祥のチャレンジャーバンクのひとつで、2020年に日本でのサービスが正式に開始された。

登録し本人確認をすると、すぐにバーチャルVisaデビットカードが発行される(リアルカードもあり)。使い捨てのVisaカード番号も利用できるため、リスクの高い海外通販に最適だ。

Revolutの利便性は、外貨建の取引で真価を発揮する。

一般的なクレジットカードの外貨決済では、2~3%程度の手数料が発生する。

一方のRevolutは為替手数料がほとんどかからず、海外通販の強い味方となる。

実際、今回の購入では、インターバンクレート(銀行間取引レート)に限りなく近い1ドル≒110.17円で決済ができた。相場は2021年7月21日時点)

Revolut
為替手数料がほとんどかからず支払いが完了していることが分かる

外貨決済において、Revolutでの支払いがいかにお得か、お分かり頂けただろう。他の海外通販やオンライン購入にも応用できるので、是非試してもらいたい。

その他にも、Revolutには同じく決済アプリの「Kyash」を使って入金できるため、クレジットカードとの組み合わせで1.2%以上のポイント還元率が狙える。(本記事での説明は割愛)

ここからは、「それでもモニタリングソフトに1万円も出せない!」という方向けに、「AIDA64」の代用となるアプリを紹介する。

AIDA64の代用ソフト

以下は全て無料のWindows向けソフトである。

Moo0(ムーオ)

最有力候補。Windows起動時の自動起動常時前面表示が可能。

様々な色のスキンが使用できる点もGood。

Moo0

CPU使用率やGPU使用率はもちろん、ネットワーク速度やメモリ使用率も表示可能。

日本語翻訳がイマイチなところはご愛嬌。

OCCT

OCCT

結構有名だと思う。グラフィカルな表示が良い。タイトルバーの非表示ができないのが欠点。

CORSAIR iCUE

iCUE

筆者の自作PCでも使用した有名パーツメーカー「コルセア」純正ソフト。同メーカー製品のRGB制御が主な機能だが、状態確認用のダッシュボードも見やすい個人的おすすめ

タスクマネージャー

これを紹介するかは迷ったが、一応。

タスクマネージャー

[Ctrl]+[Shift]+[Del]キーの同時押しで素早く起動できる。「詳細」をクリックし、「パフォーマンス」タブに行けばお馴染みのグラフが出現する。

追加ソフトをダウンロードする必要がない点がGoodポイント。

NZXT CAM

NZXT CAM

自作経験者にはお馴染みのパーツメーカー「NZXT」純正ユーティリティ。白黒でシンプルな画面が好みの人におすすめ。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、モニタリングソフト「AIDA64」を安く買う方法と代用ソフトを紹介した。

やはり、無料ソフトでは、表示の柔軟性や機能の豊富さに限界が感じられた。

「AIDA64」は3年間で約1万1千円と少々高い金額だが、価格に見合う価値はあると思う。

<AIDA64関連>

  1. センサーモニターの設置方法
  2. AIDA64を安く買う方法と代用ソフト(この記事)
  3. AIDA64の使い方を徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました