iPhone 13 mini バラマキ中!年末年始の特価をチェック【家電量販店】

年末年始 iPhoneがアツい!iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新情報は「セール特価情報」タグよりご覧ください!

当ブログで何度か投稿している、iPhoneの投げ売り情報。12月後半~2022年1月以降の「iPhone 13 mini」「iPhone 12 mini」「iPhone SE2」の状況についてまとめた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone 13 mini

12月に入り、返却プログラムに加入する”リース・レンタル”形式でのバラマキが始まった。

ドコモ…返却23円

NTTドコモでは、引き続き「iPhone 13 mini」が23円で販売されている。

iPhone 13 mini 23円
追記:2022年1月31日までの実施を確認

こちらは、他社からの乗り換え(MNP)、かつ約2年後に端末返却する「いつでもカエドキプログラム」に加入することが条件となる。

同様の施策はビックカメラグループの他、ヤマダ電機でも行われていた。

MNP一括…48,863円
端末のみ…70,863円

なお、回線契約をせず、本体のみを購入した場合でも「機種購入特典(-27,345円)」を適用可能だ。値引きの詳細や注意点は、以前の記事に掲載している。

SoftBank…返却24円

12/24追記:SoftBankでも、約2年間レンタル「月々1円」がスタート。詳細は別の記事に投稿した。

au…返却1円

auでは、MNPかつ返却プログラム「スマホトクするプログラム」への加入で負担額が1円となる。

iPhone 13 mini 実質負担1円
画像:都内ビックカメラ系列店

また、回線契約を伴わない場合も「対象機種限定特典(-32,509円)」を適用可能。一括払いも可能だ。

MNP一括…46,561円
端末のみ…68,561円

これらはビックカメラやコジマ、ヨドバシカメラで実施されている。

追記:1/31まで、256GBが返却あり7,591円で販売される。

スポンサーリンク

iPhone 12 mini

前世代の「iPhone 12 mini」もまだまだ終わらない。店舗によっては、追加で10,000ポイント程度が付与されるケースも見られる。

au…返却1円/一括9,800円

当初15日までとされていた「iPhone 12 mini」の値引きだが、延長されたようだ。

iPhone 12 mini 1円
画像:都内ビックカメラ系列店

何故か容量により訴求内容が異なる。64GBは端末値引+回線値引で一括27,650円、128GBは返却プログラム前提で1円だ。

端末のみ(64GB)…49,650円
端末のみ(128GB)…55,126円

12/31追記

1月1日~4日限定で、64GBが9,800円。

画像:都内ビックカメラ系列店

30歳以下限定で、MNP一括9,800円・端末のみ31,800円となる。22歳以下は新規契約でも可。

→1/11までの実施を確認。128GB 15,275円

SoftBank…返却24円/一括9,800円

SoftBankでは、64GB,128GBが共に24円。

iPhone 12 mini 月々1円
画像:都内ビックカメラ系列店

こちらも、返却プログラムへの加入が前提となる。

端末のみ(64GB)…49,600円
端末のみ(128GB)…54,640円

筆者は以前類似施策を利用し、同端末を3万円台で購入した。

1/3追記

さらに値下げ!SoftBankでも「iPhone 12 mini」初売りの実施が確認できた。

30歳以下のMNPまたは新規(対象プラン加入)で、64GBが9,800円・128GBが14,840円。31歳以上の場合は+10,800円となる。もちろん、機種単体購入も可能(+22,000円)。

新規契約には、メリハリ無制限またはスマホデビュープランへの加入が条件だ。

返却はちょっと嫌だな…という方におすすめできる内容だと思う。

SoftBankでも新年初売りが行われる模様。

なお、場所や期間は不明だ。

ドコモ…返却23円

iPhone 12 mini 23円
画像:都内ビックカメラ系列店

iPhone 13 miniと同様に「いつでもカエドキプログラム」への加入が条件で、23円の負担額となる。

また、機種単体購入でも「機種購入特典(-22,109円)」が適用される。

スポンサーリンク

iPhone SE 第2世代

「iPhone SE2」に関しては施策が少ないように感じた。徐々にフェードアウトしている可能性がある。

au…一括1円

iPhone SE 一括1円
画像:都内ビックカメラ系列店

以前と変わらず、64GBがMNP1円、端末のみ22,001円だ。

SoftBank…特になし

SoftBankでは、iPhone SE2の値引きは実施されていないかった。在庫切れなのだろうか?

ドコモ…一括1円

12/25追記

量販店内のドコモでも64GB一括1円が行われていた。

iPhone SE 1円

他社からの乗り換え(MNP)で、64GBが1円・128GBが4,980円だ。機種変更や端末単体購入の場合、各22,001円・26,980円となる(機種変は要契約事務手数料)

家電量販店のドコモコーナーでは、iPhone SEの特価は無し

iPhone SE 一括1円
画像:千葉県内ドコモショップ

東京都内のドコモショップでは、30歳以下限定で、128GBがMNP1円,端末のみでも22,001円。

しかしながら、以前お伝えしたとおり、在庫が無く納期も未定とのこと。

まとめ

2021年12月下旬のiPhone”投げ売り”状況について見てきた。最新機種「iPhone 13 mini」の値引きも開始されるなど、盛り上がりを見せている。

正月以降の情報が入手出来次第、本記事に追記する予定だ。

2月以降の最新情報は「セール特価情報」タグよりご覧ください!

超特価が「iPhone 13」に波及!

コメント

タイトルとURLをコピーしました