特価はいつまで?iPhone SE2”端末のみ”実質15,201円【クーポン併用】

iPhone SE 0円iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着記事一覧!

2021年夏頃より投げ売りが続く「iPhone SE 第2世代」。家電量販店にて、MNP「1円」端末のみ「2万円台」の最新情報を調査した。

今回のポイント:「アプリクーポン」「ご当地キャッシュレス」お得ワザをフル活用せよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SoftBank

激アツなのが「SoftBank」。MNPで64GBが一括1円!

iPhone SE(第2世代)64GB 本体一括1円
画像:ビックカメラ系列店

値引きの詳細は以下の通りだ。

通常価格69,519円
端末値引き①-21,999円
端末値引き②-25,519円
回線値引き-22,000円
最大割引適用1円
  • 端末値引き① … 5歳以上
  • 端末値引き② … すべて対象
  • 回線値引き
    • MNP+メリハリ無制限
    • MNP+スマホデビュープラン
    • 新規5~30歳

端末のみ … 22,001円

月額料金等の維持費は別の記事で詳しく解説している。

販売員によると、週末のみ(月曜まで)の施策であるが、毎週行われているとのこと。特価販売は、少なくとも12月中旬までは続くと予測できる。

ここまでの内容は、正直見慣れた金額となっている。

機種変クーポンを使用可能!

家電量販店のコジマアプリでは、クーポンを配布中。SoftBank回線を現に所持していることが前提となるが、前述の値引きと併用可能とのこと。

ソフトバンクスマホ機種変更で3千円分還元
3,000ポイント付与される

あくまで機種変更のため、電気通信事業法の値引規制(上限22,000円)の範囲外となる。

クーポン込みの実質価格は19,001円!

ただし、別途契約事務手数料が発生するため要注意。

PayPayもお忘れなく

さらに、SoftBankユーザー限定の「ビックカメラグループ10%還元」クーポン、地域限定還元により3,800円分のPayPayボーナスを獲得

PayPayボーナス獲得額3,800円
ヤマダ電機でもPayPayクーポン配布中!

SoftBank機種変更において、全ての値引き・還元を考慮した最終価格は、なんと15,201円だ(契約事務手数料別)

最終価格:実質15,201円!

神奈川県キャッシュレス・消費喚起事業の「かながわPay」など、ご当地キャンペーンは各地で行われている。購入の際は必ずチェックしてから店頭に足を運ぼう。

SoftBankで「iPhone 12 mini」購入!

docomo

NTTドコモでは、目立った施策は確認できず。

iPhone SE(第2世代) 22,000円引き
画像:ビックカメラ系列店

64GB/128GB共に、MNPで22,000円引きとなる(30歳以下限定)。他キャリアのような、回線契約に紐付かない、店舗独自の割引は無し。

12月に入り、こうした年齢制限付きでの割引適用が増えたことを実感している。

12/12追記

ドコモショップで128GBが1円/端末単体22,001円

こちらは、東京都内のドコモショップの画像。

64GBも同額

30歳以下という制限はあるものの、128GBモデルがMNPで1円、端末のみでも22,001円

ただし、筆者が訪問した2店舗では、在庫なし。予約の順番待ちが生じており、入荷日は未定とのこと。

au

auは、64GBが一括0円。

iPhone SE 64GB 一括0円
画像:ビックカメラ系列店

ただし、マイグレーション(他社3G契約からのMNP、3G・VoLTE非対応機種からの機種変更)が必須であり、難易度が高いと言える。

12/12追記

端末単体22,001円で買った

東京都内の某店舗では、端末のみ22,001/MNP1円が継続中。

iPhone SE2
一括支払で即日SIMロック解除可

実際に移動機物品販売で入手できた。

スポンサーリンク

まとめ

長らく特価販売が続く「iPhone SE 第2世代」。年齢制限が加わるなど、変化の動きも見られる。値引き合戦終了のタイムリミットも近いのかもしれない。

当ブログでは引き続き、iPhoneのおトク情報について取り扱う予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました